【BlooDye】第一回ファンミレポ。素晴らしすぎて見事に染まってしまいました……来週の濱DAフェスも行かなきゃ……

平日だったので参加できるかやや不安でしたが、無事に「宗教上の理由」で定時ダッシュをキメたため参加できました。

時系列が覚えられない記憶力雑魚ではありますが、雑魚なりに思い出せることをつらつら書いていこうと思います。

MCに関して

もはや曲から入ったのかMCから入ったのかすらよく覚えていません。
仕方ないのでとりあえず話題ごとに話してたこととかを思い出せる限りで。

BlooDyeに関して

高槻さん発案。(どっかの記事に書いてあった気がする)
名前を決めよう会議では単語を調べたりしつつ1時間くらい考えた。
が、結局は最初の方に出たこれに決まった。
衣装案も高槻さんのイメージによるもの。
ユニット名が決まる前の段階だったけど、イメージ案のタイトルは「Bloody」だった。

もってるなーってなってた

自己紹介1:古高彩乃

ふるたか、あるいはあやたか。
呼び方はなんでもいい。

模様(もよう)が読めない事件。
(終盤に左側で「なにが読めなかったんだっけ?」「もよう……」とかマイクなしでやり取りしてた)

「それで」、と言いたいのに「そんで」と言い続ける
最終的に「そんで」でいいかってなる

最年少の22歳

高槻さんの無茶振り(「古高さんでいいんじゃないですか?」)でリードMCという大役を果たす
初のMCだったそうだけどめっちゃいい感じだった
なんか声がかすれ気味だった、緊張?
「いじめかと思った」らしいけどよかった

押井監督から認知もらうのが目標

自己紹介2:伊藤千咲美

ちさみんないしはちさるん。

3曲めの「Where you are」を提供したリトルさんと同じくらい小さい。
リトルさんと切磋琢磨する
(ふるたか「こう(私が前に)なってると(どっちか)わからないかも」)

あまり覚えられてない……不覚……。
見た目的には一番好きかもしれないなと謎目線。
最後の集合写真での座る仕草が色っぽかった。

自己紹介3:赤木彩香

あやかじゃなくてさやか。ちぃ覚えた。

す、すみません、記憶が……

左端に立っていたのであまり顔が向けられなかったのが敗因(言い訳)

最年長の26歳とか兵庫県出身とかそんなことくらいしか……。

自己紹介4:礒部花凛

めちゃくちゃかわいい声だなーと思ってたらあれでも調子はいまいちだったらしい

なんかスタイル良かったような気がする、持つもの的な意味で

「みんなちゃんとした自己紹介準備しててすごい」とか言って持ち上げつつ動じない大物ぶりを発揮してた

高槻さんもだけどボーカル組の安定感というか安心感が半端無い印象。

本人も言ってたけどラップの曲(3曲目、Where you are)のノリ方がもう一つ向上の余地がありそうだったので次に期待。

自己紹介5:高槻かなこ

ちょっと時間を空けすぎて思い出せない……。

とりあえず全体的に幸せそうで、それが確認できただけでよかったなあと。

自己紹介じゃないですけど、歌ってる姿もキャラクターじゃなくて高槻かなことして全力を出してる感じとでもいうのか。
気軽に引き合いに出しちゃうクソヲタクで恐縮なのですが、これは確かにAqoursじゃできないことだわ、というのは確かに感じてました。

あとぜんぜん話は変わるし自己紹介のくだりだったかは忘れたんですけどBlooDyeの楽曲は一発で入ってくるって言ってて、確かに僕もハコを出たあともしばらくは曲を口ずさめるくらいには記憶に残っててすげえって思ってました。
いつもは一瞬で忘れてるんで。

まあ、あまりに幸福オーラを漂わせすぎていたせいかそのへんの飲み会の帰りっぽいサラリーマンの集団から集合写真の撮影を頼まれるという謎イベントが発生したせいで速攻忘れてしまいましたけど。

楽曲に関して

この地球(ほし)の何処かで

ぶらどらぶのスターティングソングとかなんとか。
スターティングソングというのが何かはわかりませんがテーマソングとかそういうことでしょうか。
アニメの主題歌としてはまた別にあるっぽいです。

楽曲としてはEverybody, Stand up!だとかHands up!だとか、1, 2, 3, Jump!とかわかりやすいサビにノリやすいキメが散りばめられてて非常にとっつきやすい感じ。
はじめましての楽曲としては非常に最適で、ど直球というか良い意味で普通だななどと思いながら聞いてました。

メロディを思い出せないくせに何いってんだという感じですがどんなことを感じながら聞いてたかは覚えてるっていうアレです。

Ever Dream

咲きクラがだんだん静かになっていく系統の曲でした。

ゆったりした曲調ながら、ちょいちょい挟まる「Ever Dream」ってシャウトが良いアクセントでした。
だいたい高槻さんが叫んでたのかな。
認識できた範囲では1回だけ礒部さんもやってました。

ただいかんせん曲を覚えていない。

Where you are

まったくしらないんですけどLITTLEって方の提供だそうです。

「こうやるんだよ、こう」とよくある手で何かを押さえるようなノリをみんなで出してました。

高槻さんはしっかりノリを出せてた気がします。
今回も十二分に楽しかったので次回はさらに期待したい。

総評

あんま魅力を伝えられてる気がしないんですけどクッソ楽しかったので来週のイベントも参加しようと思います。

現在は8月のファンミまでイベントが発表されていますが、今後はチケ取れるのかな……取れるといいんですけど。

ところでBlooDyeが「熱き血潮で染め上げる」みたいな意味なわけですが、染まったヲタクにもそれっぽい表現がほしいなと思いました。
そりすぎてそりになったみたいな構文めいたやつ。

タイトルではぎこちなく「染まってしまった」とか言ってますけどもっとなんかこうないですかね。

なんかかっこいいやつ。

どんな人に向いてるか

押し付けがましいとは思うんですが、たぶん向いてるのはこんな人かなと。

高槻さんがどんな歌を歌ってるのか気になる、ライブが好き、ロック系統のバンドが好き。

そのへんの要素を持ってるヲタクならすごい勢いでハマると思います。

あとは高槻さんが(キャラでなく)自分たちのアニメに起用された楽曲を歌ってるという文脈に感じるものがあると思い入れ補正がかかってより一層楽しめます。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい