$PACの償還、放置してたけどロードが終わる気配がないので対処法を調べる

$PAC償還未遂

まあ、いまさらといえばこれほどいまさらな話はないでしょうが……

まだ$PACを受け取れていません。

先月末頃に慌てて対応し、もしかして6/1に間に合わないかなー?

などと思っていたら、「6/1以降は償還率を1:4000に変更します!」からの「6/1以降は償還しません!」への鮮やかな切り替え。

見事でしたね……。

とか感心してる場合ではなく。
どうやらまだ届いていないなどのトラブルはメールサポートで対応することになるらしく、早速アルパカもメールを送ってみることにしました。

「もう送ってるけど?」「え?」

enter image description here

enter image description here

動揺しすぎてハローじゃなくてヘルって挨拶してます。

英語が苦手にも限度があるだろ……。

意訳しまくると、「もう送ってるよ! たぶんウォレットが古いから表示されないんだと思う。githubからDLしてね!」ってことらしいです。

DLしてみた。

早速DLしてみて、起動し直してみました。

起動ディスクからアプリケーションをアプリケーションフォルダにコピーするところで、

enter image description here

こんなメッセージを「スキップ」で華麗に無視しつつ……。

ロードが終わらない?

その後しばらく(2週間くらい)放置していたんですが、流石におかしいだろということで調べ始めました。
(致命的に遅い)

バージョンを確認してみてくれとのこと。

いやしかし落としたのは最新版のはず……と思いつつも確認します。
0.12.3.1が最新らしいのですが。

enter image description here

古かったです。

久々に切れちまったズェ……

屋上に行こうズェ……

とかしばらくキレてたんですがどう考えても原因は僕の確認不足です本当にありがとうございました。

なんでや!

って思ったんですが、そういえば最初に表示されたメッセージが『スキップ』か『中止』しか選択肢がなかったのを唐突に思い出しました。
普通に考えると、そういうときにやるべきなのは『無視して続行する』ですよね。

良いからコピーしろよオラ。

と思いつつも、ない選択肢は選べません。

どうしたもんか……と思いつつ、「項目の一部はコピーできません。」だの「コピー先ボリューム上に同じ名前の別の項目が存在しており、コピー先ボリュームはファイル名の大文字/小文字を区別しません。」だのの文言で検索してみます。
……が、良さげな結果が出てきません。

物は試しが大正解。

だから同じ名前の項目なんてねーんだよ叩き割るぞこのクソPCがなどと思いつつも、流石にMacbookProを叩き割る勇気は僕にはありません。

仕方ないので、ものは試し。
paccoin関係のアプリケーションの名前をちょっと変更してみました。

enter image description here

無駄に複数種類入ってます。

ちなみに、入れたいアプリの名前は「Paccoin Core.app」。

そもそもどれともかぶってません。

しかし。

これでインストールできるようになりました。

何だってんだよ、クソがっ……!

なお戻せない模様。

enter image description here

ちなみに変えた名前を戻すためにアンダーバーを外そうとしたらこんなメッセージが出たので、どうやら旧パックコインのウォレットと名称を取り合ってるようです。

しn 知らんがな。

まあ使わないんで良いんですけど。

Rebuild indexで無事復旧。

その後、冒頭のメールにも記載されていたとおり、起動してからロードが終わるのを待たずにTools -> Wallet Repair -> Rebuild indexを選択。

チェーンの再読込が始まり、償還された$PACが表示されるようになりました!!

enter image description here

確かに、割とすぐに送られてきてますね。
疑ってすみませんでした……。

無事償還成功。

というわけで$PACの償還がほぼ一ヶ月越しに無事完了しました。

今更すぎて誰がこの情報を役立てられるんだって気分になるところではありますが。
むしろパックマンの中では最遅に分類されるレベルなのでは。

もし万一、放置してて忘れてたって方がおられましたら参考にしてみてください。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい