音楽を魔法に例えるとAqoursはバフというか強化系なのでそもそも動く元気がないおっさんには辛いって話

謎ポエム回です

音楽を魔法と考えたときに

なに言ってんだこいつってなるかもしれませんが。

いや今更か。

音楽って魔法だと思うんですよ。

突拍子もない話と思われるかもしれませんが。

精神に作用するわけですから、実際そういう部分はあると思うんですよね。

もう少しマイルドな表現をするなら、薬と言ってもいいかもしれません。

そっちのほうがイメージ湧くかも。

とにかく、人間にとって音楽とは単なるメロディとリズムというだけではなく、それを超えて作用する機能があるというのは間違いないですよね。

いくつか種類がある。

で、魔法(ということで強引に話を進めます)と一口に言っても、いくつか種類があるわけです。

純粋な回復。
動く元気がない人を動かす魔法。
白魔法、クレリックやプリースト。
いわゆる癒やされるという楽曲。

強化、バフ。
動きが鈍った人を活発に動かす魔法。
赤魔法、エンチャンター。
いわゆる応援歌。

なんかやばいやつ。
アンデッド化するとか、そういう魔法。
黒魔法、ネクロマンシー。
メンヘラが好んで聴く楽曲。

他にもいろいろあるとは思いますが、とりあえずこのくらいで。

なんとなく分けられる。

アーティストでも、バンドでも、歌手でも、歌い手(笑)でもいいんですが、なんとなく上記の分類に当てはめられるように感じます。

もちろん完全にどれか一色というわけではないかもしれません。

ちなみにこれ、『これが好きならこっちも好きだと思うよ』みたいな分類は昔からありますけど、それと同じようなことです。

Aqoursはバフ要員。

さて、そんな前振りを経て。

なんていうのか……Aqoursって純粋にステータス強化なんですよね。
ちなみに無印は回復です。

Aqoursの曲っていけいけGOGOって感じの曲が多いじゃないですか。

煽ってくると言うか、常に覚悟を問うてくる感じ。

きみは何度も立ち上がれるかい?

と。

回復が足りない。

正直なところ日常でライフゲージがマイナス方面に振れてる社畜としては、ほしいのは攻撃力アップじゃなくてHP回復なわけです。

すみません、何度もは無理です……あと1〜2回くらいしか立ち上がれません……。

みたいな気分になるわけです。

書いてて、『ネタにマジレスかっこわるい』ってやつなのかな?
という気もしてきました。

ちなみに現在は無職ですが、どうにも染み付いた恐怖感のようなものは拭えません。

リーダーの色?

とかなんとか書いてきたんですけど、正直、Aqoursの曲にも癒しを感じるものはあるし、逆に無印にだって攻撃的な曲はあるんですよね。

じゃあ、何がそんなに違うの?
……と考えると、最大の要因が『リーダーの違い』なのではという気がしています。

どうにも、僕にとっては伊波さんは何というのか……眩しすぎるんですよね。

ラジオもそういう理由で聴くのを止めてしまったという。
元気になるんだけど、聴き終わると燃料切れになってるというか……。

えみつんの生放送は観てたんですけど。

っていうかあれですね。

いま気付いたけど呼び方の時点でなんかいろいろ違いますね。
そのへんもなんかあるのかな。

何の話だこれ

とまあ毒にも薬にもならない話をしてみました。
魔法だからね!(うまいこと言ったような気がするけど気のせい

要するに何が言いたいかっていうとAqoursという存在は好きなんだけど楽曲が好みとちょっと違うから悲しいみたいなクソどうでもいい話でした。

もし最後までお付き合いくださった方がいましたら謹んでお詫び申し上げます。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい