JR常磐線と東京メトロ千代田線の境界『綾瀬駅』から沼津に行こうとするとバグる問題について

enter image description here

久々に沼津に行こうとして、やっぱりこの綾瀬から北千住の乗り換え事情は異常だなと感じました。

毎度毎度お金と時間を払ってデバッグしてる気分になるんですけどどうにかなりませんかね……?

綾瀬・北千住間駅事情。

まず前後関係を説明せねばなりますまい。

綾瀬駅。
あのこち亀で有名な、亀有駅の隣です。
こっちはキャプ翼のお菓子が売ってたりします。

よく神奈川のと間違われるんですがあっちは市なので致し方なし。
あと綾瀬駅と絢瀬絵里で踏めます。

最近だと、インベスターZでも出てきました。
不動産勝負で慎二さんが立ち寄ったところです。

常磐線と千代田線の境目。

で、この駅が特殊な理由が、これ。
綾瀬駅は、2つの路線の境目なんですね。

ただここで話がややこしくなるんですが、綾瀬駅はどちらの路線の終端でもありません。

千代田線は、北千住・綾瀬・北綾瀬と並んでいます。
端からひとつ手前の駅となるわけですね。

常磐線に至っては端でもなんでもなくて、南千住・北千住・綾瀬・亀有・金町……と並び、その前後にまだまだ駅が続きます。

こんな感じなので、千代田線からの直通はすべて常磐線に流れます。

どういうことかというと、北綾瀬に行こうと思うと綾瀬駅で一度乗り換えなきゃいけないんですね。

同一路線とはなんだったのか。
(北綾瀬駅からの千代田線直通はあるのかな? よく知らない)

北千住の乗り換え問題。

で、今度は北千住駅の特殊性の話なんですが。

北千住駅では、東京メトロとJRが改札を通らずに乗り換えできます。
なんでそんなことになっているの?
というと、これまた話がややこしいんですが。

北千住駅というのは、常磐線快速の駅です。
日暮里とか上野とか、あのあたりから走ってくるやつですね。

で、この常磐線快速。
快速なので当然なんですが、北千住から3駅くらいすっ飛ばします。
綾瀬・亀有・金町らへんですね。

当然ながら降りることはできないので、この町の住人は各駅停車に乗り換えなければなりません。

ここで各駅停車に乗ろうとするときに利用するのが……千代田線です。

「別会社の路線じゃん! 乗り換え料金かからないの?」
って話になると思うんですが、かからないです。
改札がないので。

この辺り僕には全く理解できないし説明しても誰からも理解してもらえないんですが。
どうにも北千住・綾瀬間の路線は、どう利用するかでJR扱いかメトロ扱いかが変わるらしいんですね。

つまり降りるまでこの路線が何であるかは確定しません。

シュレディンガーの路線……。

JR東日本を抜けると厄介になる。

さて、そんな感じの綾瀬事情なんですが。
問題を拡大すると、さらにややこしくなってきます。

JR東日本とJR東海の境目、具体的には熱海駅を通過するとそれは起こります。

どうにも綾瀬駅自体は乗った瞬間は『東京メトロ』らしいんですね。
ですが、ここで問題が発生します。

駅員さんが、東京メトロ側の運賃をどうするか?を計算し始めるのです。

前述の通り、北千住を経由する場合は、綾瀬・北千住間は『JR常磐線各駅』として扱われます。

ただしそれはJR東日本側のローカルルールみたいなものらしく。

そんなことは知らないJR東海側は、混乱に陥るわけです。

ちなみに運賃は、沼津のケース(しか知らない)で2270円。
これ、東京近郊だとみんな2270円です。

ここも運賃のわからなさに拍車をかけているっぽいんですよね。

「山手線で降りると2270円だろ……じゃあそこから常磐線に乗ってるし、最終的に東京メトロの駅だから乗り越し運賃がかかるはず……だが……」

「どこから東京メトロの駅扱いになるんだ……!?」

みたいな感じの思考になるらしく。

駅員さんが処理落ちします。

一応「運賃かからないっすよ」とは伝えるものの、客からのそんな申請を確認もなしに受け付けるわけにもいかないのはそりゃまあ当然ですよね。

最終的に、よくわからない紙を持たされます。
「JR側は精算済み。東京メトロ側は別途精算をお願いします」みたいな。

もちろん綾瀬側でそれを見せても特に支払いは発生しません。

回避策。

さて、そんな綾瀬の罠ですが。
これを回避するにはいくつか手段があります。

切符を買う。

これが一番順当でしょうか。

注意点としては、長距離の切符は東口でしか買えないというところですね。
西口でなく東口に行く必要があります。
なお、現金のみとか言われてとても悲しい気分になるおまけつきです。

あ。
これは試したことなかったんですけど、適当なJRの駅までの切符を買えば乗り越し精算できるようになるかな?
今度試してみよう。

まあ、これについても結局現金のみになってしまうんですけどね。

北千住以降で改札を通る。

JRに連絡する駅までいける定期があれば、一度改札を通ることでJR扱いにできます。
当たり前なんですけど。

例えば北千住で乗り換えをすれば駅員さんの処理落ちは回避できます。

難点としては、定期がない場合はもちろん運賃が無駄にかかるところですね。

それと、機械で乗り越し精算をするためには山手線以西の乗車記録が必要です。

どういうことかというと、北千住(常磐線)からJRに乗り換えると、機械で処理できずに駅員対応が必要になります。

西日暮里(山手線)からJRに乗り換えると、機械で処理できるようになります。
まあ、沼津を降りる客はだいたいどちらにも長蛇の列を作るのですが、機械のほうが比較的マシですね。

謎ルールが多い。

というわけで超ローカルネタ、綾瀬住まいのサンシャインヲタクが沼津に行くときの愚痴でした。
伝わってんのかなこれ。

いずれにしても現金精算のみになってしまうのがかなり癪なんですよね。

どうせ自転車持っていくんだし、北千住から乗車する、というのもひとつの手なんですが。
北千住は広いので、あすこを自転車担いで移動するのか……とか考えると、なかなか及び腰になってしまいます。
というか迷いそうで怖い。

綾瀬駅か沼津駅でクレカ対応してくれればいいだけなんですけどね。
ならないかなあ。

4 件のコメント :

  1. 綾瀬駅から入場する時の乗車券は何だろう?

    返信削除
  2. 事前にみどりの窓口や指定席券売機で紙のきっぷを購入するか、JR東日本東海道線車内で車掌に申告すれば、簡単に話は済むと思われます。
    そのようなわがままのせいで、沼津駅改札はIC出場の列が長くなります。みどりの窓口や指定席券売機で事前購入すればクレジットカードも使えます。元はと言えばJR東海係員の不勉強が原因ですが、貴方ももう少し改善するべきことは改善してください。

    返信削除
  3. 全国共通利用=どこでも、どこまでもicカード1枚で行けると思われている人も多いようですね(^_^;)
    ましてやicが使えないエリアが存在することすら知らない人も多いんじゃないかというところでしょうか。

    返信削除
  4. たとえば町屋−松戸の場合、普通に乗ると北千住乗り換え扱いでメトロ165円+JR216円なのですが、綾瀬で一度改札を出るとメトロ165円+JR165円になるというバグもありますね。
    指定券券売機(紫の機械)で磁気券を買えばクレジットが使えるので、乗車時にそれで沼津まで買ってしまう方がいいでしょう。
    なお個人的なおすすめは、そのまま千代田線に乗り小田急経由で小田原乗り換えです。これだと沼津で精算機が使えたはずですし安いので、時には踊り子でなくメトロはこねに乗ってみるのはどうでしょうか。

    返信削除

スーパーいいね!ボタン