半農半Xインターン十九日目。田畑さんのお手伝い最終日。トマト収穫と箱詰めと焼肉と脱穀とトマト収穫。

今日は半農半Xインターン個人農家編の最終日でした。
台風22号到来直前ということで、慌ててやるべきことをやっていきます。

十九日目。

enter image description here

昨日とはうって変わって、完全なる白い世界。
日によっては標高の低い部分が真っ白になる雲海状態も見ることができるそうです。

ちょうどこの時期とか五月とかの季節の変わり目ということだったんですが……今回のお手伝い期間では見ることができず。
残念。

トマトの収穫

午前中は、日曜市で出すミニトマト『アイコ』の収穫でした。
まだまだわんさかなっているのですが、あと1〜2回収穫したらハウスを畳むとのこと。

早速取り掛かります、が……。

左上のが若干色が薄いのはわかるでしょうか。
これくらいのがギリギリOKで、半値品として出荷できるレベルだとか……?
とても見極めが難しいです。

全員で首をかしげながらの収穫となりました。
正直なところ素人目には区別がかなり難しかったので、この辺の見極めがいかに正確か?ということが、その農家への信頼につながるのかなあ。
なんてことを思いながら収穫していました。

焼肉

そして昼休憩。
おもむろに取り出される七輪とドライヤー。

文明の力っつーか文明の力技っつーか。

前日に肉を焼こうという話になっていたのでした。
このために食事はおにぎりだけ用意するさもしさを見せたインターン生たち。

一瞬解凍の都合で肉が遠のきかけましたが、田畑さんの気遣いにより無事お昼にいただくことができました。

かたじけなさ

アメゴと猪肉を焼きました。
ごちそうさまでした。

想像以上に肉が出てきたため焼き切れなかったのが心残りです。
貧乏人根性。

箱詰め

肉を焼くのに夢中になりすぎて若干昼が下がり始めた頃にあわてて次のお仕事にかかります。
三たび、クラファンの箱詰め作業です。

もはやこのクラファンの中の人みたいな気分になりながら箱詰めをしていきました。

脱穀

さらにお仕事は続きます。

蔵にしまわれていたという機械を動かし、すぐ近くの田んぼまで移動。

3週間くらい干されているという稲を、すごい勢いで機械に叩き込んでいきました。
その成果がこちら。

こめ

なんかUFOにさらわれそうな人が写ってますがただのインターン生です。

7袋ありますが半端に詰まったものもあるので、だいたい6袋分くらいかな?
重さは怖くて聞けませんでした。

再度トマト

まだ終わりません。
田畑さんがクラファンの荷物の発送に向かう間に、トマトの収穫の残りを進めます。

これはほどなくして終了。
というか、暗くなり始めた上に夕日で赤く照らされて、もはやトマトの色が判断できないのでそもそも作業ができなくなりました。

それはそれとして夕日は一番綺麗でしたね。

enter image description here

お手伝い終了。

そんな感じでこの日は終了。

田畑さん一家はこの日の夜に飛行機で名古屋に飛び、そのまま戻ってきて日曜市という弾丸スケジュールらしいです。
やべえ。

といいつつまったりした時間を過ごしました。
まったりしつつ、田畑さんは隙間を縫うようにシャワーを済ませるとかいう荒技を披露してくれてました。

名残惜しさしかない。
またこよう。

はじめは白、おわりは黒。

これなーんだ?

enter image description here

怒田!
とかやりながら帰りました。

0 件のコメント :

コメントを投稿

スーパーいいね!ボタン