【Aqours 2nd LoveLive】HPTT神戸のついでのつもりが尋常じゃなく楽しかったコーヒー博物館の思い出。【UCC】

Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR 神戸こーへんのついでにコーヒー博物館に行ってきました。

スクフェスでも国木田花丸さんの特別ボイスとして8/19にコーヒー博物館のことが触れられていたり、ライブ中の幕間アニメでもがっつりコーヒーの話題が挙がっていたりしましたね。

enter image description here

ヲタク諸氏においても印象に残っている方は多いのではないでしょうか?
花丸さんとコーヒー博物館デートとか可能性感じますね。
非常に面白い設備でしたので、施設に没頭してしまって、それどころじゃなくなるだろうなあ……。

なんて思いながら、紹介してみることにします。

UCCコーヒー博物館。

凄い施設でした……。

初日は閉まってました。

時間には気をつけましょう。

概要!

一杯のコーヒーが作られるまでの全ての工程を学ぶことのできる博物館です。

『作るってどこから?』

かの農家アイドルの有名なセリフを思い出された方もおられるかもしれませんね。
しかし安心してください。
ここで学べるのは、本当に大本から。

つまり、歴史からです。

内容!

博物館なので、なにがあるのかを紹介してみるとしましょう。

この博物館では、前述の通りコーヒーのことを歴史から学ぶことができます。
発祥や世界にどのように広まったのかなどが、動画や展示物を駆使して説明されていきます。

その後、コーヒーの苗が栽培されて一杯の飲み物になるまでの各工程が細かく紹介されていきます。
こちらも様々な器具の展示や、動画での説明などがあって見ていて飽きません。

みどころ!

さて、長々と紹介しても仕方ないので、個人的に次に行くときのためにみどころを押さえておくくらいにしておくとします。

大ボリューム!

いきなり見所もクソもないんですけど。
展示のボリュームが凄まじいです。
おそらく全ての内容をしっかり見ていると、1日がかりになるはず。
とにかくあらゆることを学ぶことができます。

ちょくちょく配置されている端末は特に注意が必要です。
正直、『もう博物館要らないのでは』というレベルで展示内容がまとめられています。

時間の都合があったせいで途中から急ぎになってしまったため、どうにか機会を作ってがっつり見学したいものです。
ちなみに途中から講義よろしく写真に残しまくったんですが。

enter image description here

enter image description here

enter image description here

3画面ぶんくらいになりました。
見返せる気がしない。

UCCの歴史もたくさん!

UCCコーヒー博物館、と銘打たれているだけあって内部ではちょいちょいUCCのステマが行われています。
が、これがまた面白い。
製造方法の紹介などでは、頭おかしいだろと思ってしまうほどの情熱やら工夫が凝らされているのが読み取れます。

一番面白いのは、社長の言葉ですね。

理解度を確認しよう!

博物館の最後には、理解度のチェックテストができます。
ランダムに出題される5問の質問を全て正解すると、向こう一年間の入場料が無料になります。
(300円が無料になって何が嬉しいのかという疑問はあります)

疑問だったので、とりあえず花丸さんの顔で登録しておきました。
ちなみに解答権は3回ありますので、複数人で連れ立って解答すれば1人くらいは全問正解できそうです。

併設された喫茶店で休憩しよう!

博物館に併設された喫茶店では、UCCの息がかかったくっそ高いコーヒーを味わうことができます。
博物館でコーヒーの気分を高めた上で、高級コーヒーシリーズを注文してみても面白いかもしれません!
僕は1000円のコーヒーを頼んでみました。

ちなみに一番高いのは2500円でした。
さすがにひるんでしまいました。

まとめ!

見て回っているとだんだん、『自分、コーヒーめっちゃ好きなんじゃない?』みたいな気分になっていきます。
ついうっかりコーヒーの聖書などという本を書いたくなったり。

38940円。

無理でした。
allaboutcoffee

おまけ1:割引。

なんか気になったので見てみたんですが、割引とかあるみたいですね。

このサイトにいろいろ載っています。
いろんなサイトで割引券が使えるみたいです。
でももともと300円とかなり格安なので正直どうでもいい気がします。

おまけ2:コーヒー大博士になったUCCの缶コーヒーたち

Twitterで適当に検索したところ、ほどほどに大博士が生まれていた模様です。
(顔ががっつり写っているツイートは載せていません)

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい