【グラブル】マルチ30連を繰り返してるので時短について気付いたことを書いておく

マルチ連続

ちょいちょい潜り込んでます。
大体わかってきたのでそろそろ自発でもしてみようかと思いつつ、いま時点でわかるところを書いてみます。

……いや、集まるまでの待ち時間、暇なんで……。

ちなみに

そもそもマルチの連続ってたまにみかけるけど何の話?
みたいな人もいたりするんですかね?
クエスト画面の赤いボタンからいける野良のマルチしか知らないって人は特に始めたばかりのうちは多いんじゃないでしょうか。

僕もソロ共闘やるときにちらっと「マルチバトル」の文字が目に入ってきて、なんだこれと思いつつも怖くて触れないという時期がけっこう続きました。
もったいなかったです。

マルチの連続というのは、同じボスを倒したい人が集まってそれぞれが1回ずつ自発することのできるシステムです。
他の人たちはそのマルチに自動的に救援として参加する、というのが参加人数分続きます。

なんでそんな面倒なことをするのか、というとメリットは大きく2つ。
いちいち救援を募集しているマルチを探す必要がなくなるうえ、さらに最初から大人数の救援がいる状態でバトルを始められるので討伐時間も早まります。

要するに、めっちゃクエスト周回するの楽になるよってことですね。

基本的な仕様

すでにちょろっと書いてますが、流れとしてはこんな感じ。

まず準備として、ホストが立てた部屋に事前に決めておいた人数が集まるまで募集を続けます。
人が集まったら周回が始まります。

ちなみに自発素材は部屋に入る時点で消費します。
(部屋が解散した場合、素材やAPは戻ってきます)

クエスト開始。

周回が始まったら、(たぶんランダムに)決められた一人が自発してそれに他の人が群がります。
これは普通にマルチバトルの救援なので、BPを消費します。

事前に必要個数を使っておくと時間短縮になりますが、途中で一人二人抜けたりすることも多いですし最悪解散することもあるので横着しないほうが良いかなーとは思います。

あとは周回するだけ。

クエストが始まったら、あとは敵を倒して部屋に戻っての繰り返しです。

ちなみに自発は前触れもなく自分に降り掛かってきます。
そのときはとっとと開始ボタンを押しましょう。

時短のポイント

周回はとても便利なのですが、30人も人を集めて遊ぶわけなので戦犯ムーブをすると被害が拡大します。

もちろんそれでなにがどう、ということはありませんが。
それでも「やっちまった」と頭を抱える事態を避けられるに越したことはないですよね。

というわけで(?)時短のポイントを押さえておきましょう。
ポイントは、マルチでご一緒する方々は強すぎるのでこっちが殴ってる間に大体の戦闘が終わるということです。

それを踏まえて、以下の2点を覚えておくとよさそうです。

飛ばせるところは飛ばす

具体的には攻撃ターン敵を倒した後の演出リザルト画面ですね。
飛ばすには、リロードやブラウザバックを使います。
アプリなら左下のバックボタンですね。

攻撃ターンが始まった時点で内部では処理が完了しているため、そのタイミングでリロードやブラウザバックすることで次のターン頭に瞬間移動できます。
ただし、早すぎると攻撃が処理されず何も起きません。
また、瞬間移動できても内部的なクールタイムが設定されているので、多少の待ち時間が発生します。

敵を倒した後の演出は、あのゆっくりゆっくり赤黒くなっていくやつですね。
ターン頭で飛ばしてれば一緒に飛ばされるとは思いますが、アビリティを使っている最中に発生することがあります。
もう戦闘は終了しているので、飛ばしましょう。
マルチだとこのタイミングで戻ると待機部屋まで戻ることができます。

リザルト画面も結果が表示されるまでに待ち時間がありますよね。
飛ばせます。
無視して戻りましょう。
待機画面に戻れます。

たまに何かの対策か、いつまで経ってもロードが終わらないだとかバトルで獲得できる報酬はありません画面に飛ぶだとかいう事象が発生します。
この場合は戻ろうと思っても何も起きないこともあります。

・画面にボタンが表示されていればそのボタンを押す
・それでもダメならマイページから遷移し直す

といった具合に、適当に対応してください。

これらのショートカットを活用できると、10秒〜20秒ほど時間を短縮できます。

それくらい待てよ、と思われるかもしれませんが。
30回も繰り返すと結構なストレスになってくるんですよね。

チャット欄で倒したタイミングを確認する

これ、スマホだとなんのことかわからないと思うんですが。

PCだと敵を倒したタイミングで、次の自発が共闘窓に貼られます。
「〇〇さんがクエストを設定しました」といった具合に。

なので、これが出た=敵はすでに死んでいるということです。

つまりリロードかブラウザバックによって待機部屋に戻れます。

ちなみにリアルタイムで貢献ポイントを確認できるようにしておくことでもなんとなく判断できます。
1Tで周回するようなクエストの場合だとわかりやすいですね。

みんな一気に数万ポイント増えるので、「あーやること終わったんだなー」みたいな。

別窓で戦果を確認

ブラウザバックでの時短には一つだけ欠点があります。
それは未確認報酬が溜まっていくということです。

共闘だと戦闘画面→リザルト画面→待機部屋と遷移するので大丈夫なのですが、マルチだとリザルトが飛ばされるので未確認報酬が溜まっていきます。

当然ながら未確認報酬には5だか6だかの上限があるので、そのままやっていると「未確認報酬を確認してください」とか言われて別画面に飛ばされます。

対策として、別窓や別端末などで溜まり切る前に消化してやるということが必要になってきます。

だいたいそんな感じ。

とにかく重要なのはブラウザバックやリロードによる時短ですね。
スラ爆を一回やってみればこれがどれだけ重要なのかわかるはず。

……と思ってたんですが、どうもそうではない人は案外多いみたいなので書いてみました。

それともスラ爆、案外やってない人は多いんでしょうか?
わかりませんけども。

ともかく、待ち時間を減らして周回を早めるのに有効なので、やってない方はぜひ試してみてほしいところです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい