浦の星女学院が不人気なのって制服が無駄に多いからなのでは

などと感じました。

謎の黒セーラー。

G’sで黒セーラーがあるじゃないですか。
旧冬服、という説明がされてるんですけど。
説明されるまで喪服見てるみたいでめっちゃ怖かった

防寒の性能が現冬服に劣るため秋服、春服として利用されている、らしいです。

地元の学校なのでお古が家にあることも多いからそれを有効活用してる、とか説明されてるんですが、桜内とかヨハネも当然のように着用しているんですよね。
(※G’sの渡辺は沼津組ではありません)

どうやら任意じゃなくて必要っぽい。
なんていうか、うーんってなるわけです。
あるいは地元でジモティーとかで流通してるんでしょうか?
いやまさかね……?

で、これ。
買うってなるとけっこう痛いと思うんですよ。

まあやつらは仕事の都合で引っ越した先に一軒家を用立てるとか往復1600円かかる学校に通わせるなど、割と裕福な家庭環境をちらつかせています。
となれば、制服が一着や二着増えたところで大して痛くはないのかも知れませんが。

普通は痛いと思う

とはいえ世間の中央値はそこよりはだいぶ下の方に存在しています。
小学校でアルマーニのクソ高い制服を採用したとかすごいどうでもいいことで騒ぎになるような昨今ですし。

そもそも制服は一般的に高いというのが最終的な落とし所のようではありますが、それならなおのこともう一着というのが単純に痛手なのは想像に難くありません。

なんというか、そのへんに浦の星の不人気の秘密が隠れているような気がしてなりません。

夏冬以外って実際あるの?

そもそも実際に制服が夏冬以外に存在する学校ってあるんでしょうか?
と思って検索したら出てきましたね。

冬服・夏服・盛夏服で分かれるみたいですね。
準冬服とかいう謎制服と違って納得感が大きいです。

もちろん盛夏服は任意着用です。

転校生や沼津組に購入が強制される田舎の学校とは格が違いますね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい