半農半Xインターン三十一日目!?琴浦町の鳴り石の浜、鳥取砂丘、砂の美術館。そしてソロへ……!

半農半Xインターンから始まった長期逃亡劇も長めの1ヶ月に到達しました。
そういえば今までに、こんなに関東の外にいたことってない気がします。
そう考えるとなんだか不思議な気分です。

三十一日目!?

今日は特に訪問の予定がないとのことだったので、予定はノリで決めよう!
ということになっていました。
が、そんなことを言われると思い浮かばないのが人情というものですよね。

そんなとき、しかしこのアルパカは思い当たることがありました。

琴浦町の地域おこし協力隊である河島さん。

当然ながら、お住まいも琴浦町(昨日の宴の会場である鳥の巣も琴浦町)であり、琴浦町といえば琴浦さん。

そして琴浦町を舞台にした、琴浦さんの新作が今年出たばかりなのです。

サトリやら未来視やらが出てくる世界観だけあって、琴浦町の伝説(だった気がする)にまつわるドタバタを描いています。
まさか鳥取に来ることになると思わなかったのでかなりうろ覚えです

アニメみたいなシリアスは少なめなので、アニメとの絵柄が違いすぎることが問題ない方はぜひ読んでみてください。

Webコミックでも読めるみたいです。

琴浦さん漫画 『とっても琴浦さん ~Kotoura-san VERY-MACHI~』 | 鳥取県琴浦町

で、ここで登場した場所を希望するに至ったわけです。

鳴り石の浜

enter image description here

よく鳴る
よく成る

鳴り石の浜へ!! ヨウコソようこそありがたい
なあ〜るほどよくなる成り意思の浜

そんな場所です。
石が良く鳴る、だから良くなるみたいな相当なこじつけがされてます。
そんなもんだって琴浦さんでも語られていました。

トモキななちゃんさんを撮影。

登ってみたら怖かった。

ヲタクという職業柄、一位を取ってしまった……。
顔がなんかアッー!ってなってますけど逆光で眩しかっただけなんです本当です。

北海道

続いて本命の寿司屋は遠すぎるため時点で回転ずしへ。
それでも異様にうまかったです。

こころさんが完全に地元(鳥取)の魚に自信ネキになっていたのが印象的でした。
そういうのないから羨ましい。

落花生の銅像、撮影しに帰省すべきかしら?

矢野大地のご子息の名前を考える会

(フルネームの場合は敬称を略す文化があるらしい)

その名の通りです。
なんでそんな流れになったのかは覚えていません。

  • 矢野うまい棒

  • 矢野新聞紙乃家

  • だいちチャイルド

あなたはどの矢野?

しめ鯖三昧

そんなことして遊んでました。
しめ鯖はアルパカが美味しくいただきました。
特選が本当に鯖?みたいな感じで美味しかった。

いや、しめ鯖が3種類もあったら頼みたくなるじゃないですか?

3種盛りを売りにしているんだから同じ感じで並べたくなるじゃないですか??

なりません???

鳥取砂丘

途中スナバコーヒーを経由したりしつつ、鳥取砂丘。

enter image description here

砂がたくさんあるね!!!
ってなってました。

なんか衝動的にまっすぐ歩いてたら他メンバーとはぐれたりなんなり。

合流したりなんなり。

その後突発的な豪雨に見舞われたりしつつ、なんとか砂の美術館へ。

砂の美術館

enter image description here

かっこいい

なんか砂の像を展示する美術館で、10年も前から存在していたとか。
まったく知らんかった。

こんな感じではしゃぎ通しでした。
横から見ると、騙し絵というか、いい感じに遠近感が出るように調節されているのが本当に面白い。

ちなみにこの砂像(さぞう)は、展示期間がすぎるとすべて崩されるとかなんとか。

こんな重量感なのに、そんなことを言われると途端に儚さを感じられるから人間ってちょろい不思議ですね。

鳥取脱出

姉様ごっこをしながら倉敷に向かいます。
車の要員を変えようとグーパーしたけど変わらなかったのが笑った。

倉敷到着

千葉への夜行バスに乗るトモキ、ななちゃんさんとはここでお別れしました。
アディオス。

この子たちマメなんですよ。
ブログとかnoteとかインスタとか置いておくんで合わせてご覧いただければ幸いですよ。

僕はこのとき携帯をカバンの中にしまって車の中に放置しておりました。

倉敷のみそかつ屋

倉敷駅にほど近い定食屋にて最後の晩餐(個人の感想です)。

enter image description here

これは定食「梅の実」(あつみんの携帯借りた)。
写すの忘れたんだけどさらに鶏肉と野菜のせいろ蒸しがついた上にご飯がおかわり無制限という神がかったメニューです。
お値段は少し高いけど。

みそかつ 梅の木 ~倉敷のこだわりのみそかつ~

独特の味噌カツが食べられます。
見た目、なんかカツに見えなくてビビりますけど。

倉敷の地で一人。

そして食後、名残惜しい……という空気はあるものの高知組も鳥取組も帰るまで優に2時間以上。

そして21時前というわりかしのっぴきならない時間だったため速攻で解散となりました。

情緒は現実の前に無力である。

なお特に行く当てはありませんので、ごくごく普通に東京の夜行を取りました……翌日の。

2kmくらい離れてるのかー……そっかー……。

まあそんな感じで適当に幕が閉じていきました。

河島さんありがとう!!

そんなことはさておき。

今回の旅に感謝を込めて、

高知組のために用意したのに鳥取側の人たちが続々と支援するという謎polcaが用意されました。
(polcaの仕様上、当然ながら用意するのは本人です)

河島さんが『河島さんありがとう』というpolcaを用意するというこのなんとも言えない感じ、たまりませんね。

かわしまさんありがとう。

スナックあつみ(宣伝)

で、前日の記事でも書いたんですが。
これを更新している今日11/9(木)の19時から、鳥取県は琴浦町、日替わりマスターという素敵制度を取り入れた飲食店である『鳥の巣』にて、インターン同期のあつみんが一日ママをするらしいです。

ご都合の良い方はぜひ!

更新時点であと2時間ないですけど!

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい