ヲタクライブにおける『声を出さない』という選択肢が潰されつつあるのを感じる。ライブの外で声を出していかないと、本当に潰されますよ。

個人的に、今回のあにゅぱ!でけっこう大きめの危機感を覚えたので、書いておきます。
たぶん、この構図を打破するためには、うるさいとか思われようともうるさく言っていくしかないと思うので。

まえふり。

コールしない、という選択をしてる人って、ライブだと見えづらいんですよね。
当たり前ですが、コールしている人のほうが目立ちますんで。

例えば声を上げている人が全体の一割程度だったとしても、音としてはそれで十分でしょう。
無音の中に響く声というのは、それだけ影響があるものです。

そして、だからこそ僕は、『何度繰り返すんだよ』と思われようとも、口うるさく言っていく必要があると考えています。

また、この状態を放置していると、的外れであってもコールすべきという考えが常識になってしまうのでは、という危機感があり、こんな記事を書くに至りました。

厄介は感染する。

日本人って、同調圧力や声の大きい人の主張に反対するのが苦手ですよね。
よく知らない文化においてはなおのことで、郷に入っては郷に従え、なんて言葉もそれを後押ししてしまいます。

そんなわけで、ライブが初めて!とか、このコンテンツのライブは慣れてない、なんて人。
つまり、ライト層や中間層は、周囲が声を出していれば『出したほうがいいのかな?』なんて思ってしまいかねません。

厄介は感染する、というのは、そういうことです。

いつかわかってくれる、なんて思って、静観していてはいけないんです。

具体例。

たとえば、これくらいの割合で客が入っているイベントを考えてみましょう。
声を出している人は全体の2割ほど。
4割は「声を出すべきではない」と思っていたとしましょう。
残りの4割は、中間層です。
この時点では、声を出している人は全体の2割。少数派と言っていい割合です。

ですが、実際のライブでは、『出していない声』というのは聞こえません。
聞こえるのは、2割の声。
これを中間層の4割が聞くと、どうなるでしょうか?

釣られますよね。

すると途端に、勢力図が8:2から4:6に変化します。

8:2のときは「声を出すほうが空気を読めていない」となるはずだったのが、4:6になってしまうことで「みんな声を出しているのに黙ってるなんて空気を読めていない」ということになってしまうわけです。

前提はあまり関係ない。

もちろん、この例の割合は僕の想像でしかありません。
また、中間層の4割がまるまる釣られるということもないでしょう。
ただこのたとえでは細かい数字はあまり関係ないと思っています。

というのも、問題は、この構図には『声を出すべきでないと考える層が増えるタイミングがない』ということだからです。

このようなアンバランスな構図が続くと、どんどんとパワーバランスが崩れていきます。
『声を出すべき』と考えている層が増えていくのです。

真の地獄。

声を出すべきと考える層が増えるのみの構図。
この状態が続いているのが、現状ということです。

すると、どうなるでしょうか?
いずれは本当に、声を出さないということがバッシングされる理由になる未来が来てしまうやもしれません。
もちろんいまはまだ、「あるわけねーだろ」とか「あたまおかしい」とか言われる意見だとは思います(むしろそんな評価で終わってほしいです)が。
そんな未来が来ないことを願ってます。

むすび:完璧なんてないよ。

というわけで、なんでもかんでも声を上げる、とりあえず警報とPPPHとフッフーフワフワしてればいいというゴミみたいなヲタクを忌み嫌う人たちは、斜に構えてないでちゃんと意見を表明していかないと死ぬよ、という話でした。
だからできればこの記事も拡散してください(屑

まあ真面目な話、僕の記事じゃなくても、他にもっと大手が書いている『曲をちゃんと聞こうよ!』みたいな意見でもいいんですけど、風波を立てたくないとかそういう理由でスルーするのではなく、拡散していく。
もっと言えば、それについて、つぶやきを流す。
そういう必要があるんじゃないかな、と感じています。

この問題については、どっちが正しいというものでもないはずです。
僕がコールをする人たちに消えて欲しいを願うのと同程度に、僕も彼らから地蔵は消えて欲しい、なんて思われているべきです。
このパワーバランスが揺れ動く過程でこそ、ライブでのヲタクの秩序は保たれていくべきなんですよ。
灰色の魔女が言ってました。

ただちょっと、今回のライブでは、パワーバランスが片方に傾きすぎているなあ、と感じたのでたまらずこんなことを書いてます。
もうちょっとこう、引き続き、問題視していく必要があると思います。
徳の高いヲタクだけの自己満足で終わるんじゃなくて。

ちょっとおもしろかったこと。

ところで。
恋アクのイントロにて、後ろから「やめときます?」「いや、やりましょう!」とか声が聞こえてきてました。
家とか虎とか叫ぶ相談だったらしいです。

正直、群集心理を使わないと怖くてできないなら、無理して人様に迷惑かけなくてもいいんじゃないかなと思うんですが。
なんかそういう罰ゲームでも受けてたんですかね?

あと純粋に、もうイントロ始まってんだから黙っててほしいなって思いました。

でもやりとり自体は、エレンの前で秘密を明かすジャンライナー(2017/05/18修正)とベルトルトっぽさがあって面白かったですね。
ミカサの真似をしたくてたまりませんでした。

評価したいこと。

空気を読まないといえば、一つだけ、いいじゃん、と思ったことがあります。
アンコールです。

あにゅぱ!においては、かなりの確率で、ないのは確定的に明らかだったんですよ。
演者の挨拶も終わってましたから。

ただ、あのライブは確かにアンコールを求めたいほどのすばらしい演目でした。
そういうとき、空気を読んでしまいがちなコール否定派には、前に出る勇気はありません。

そういう意味で、あのアンコールは、良かったと思っています。
……どういう人が始めたのかは、知りませんけどね?

0 件のコメント :

コメントを投稿