家でめんつゆを作りたい


煮込むだけ? 他になにもない?

そうだよ(強制終了)


おいしいそばが食べたいのです。
糖質制限は麺の前に敗れ去ったのです。

しらべた

参考にしたのはこちら。

ドメインがジオシティーズなあたり、なんていうか信頼できる古書って感じがするのは僕だけですかね・・・。

曰く、できあいの濃縮のめんつゆは保存期間とかの問題がどうしてもあるので、店のものとは違っていろいろ入れないといけないとかなんとか。

まあ、そういうのはどうでもいいんですけど。

めんつゆはなんか甘ったるくて嫌いなので作りたいだけなのです。
味がよければもっといいです。
安ければもっともっといいです。
それだけです。

作り方

さて、手順を見てるだけだとわからなかったんですが。
やってみたらマジで簡単でした。
なんかの料理の片手間にできそう、というかできた。

ざっくり手順。

  1. かえしを作る。
    醤油4:みりん1:砂糖1(細かい配分は好み)を鍋に入れて火にかけて、沸騰直前に止める。密閉せずに一晩寝かせてもいいし寝かせなくても良い。

  2. だし汁を作る。
    1リットルくらいの水に鰹節と鯖節(荒削りだとGood)を一掴み入れて15分くらい煮立たせる。

  3. だし汁が熱いうちに、かえしを混ぜる。割合は1:3(つけ汁)または1:8(かけ汁)くらい。つけ汁の場合は一晩寝かせてもいいし寝かせなくても良い。

  4. おわり。

これだけです。
かえしとだし汁を煮て混ぜるだけ。

自宅にはみりんがなく日本酒がふんだんにあるため、日本酒でやっていますが、美味しく作れています。
みりんだとどうなるんだろう。
あまり甘ったるいのは好きではないからこのままでいいかな。

ちなみに、かえしはしょうゆと同じでかなり長期間保存できるみたいですが、だし汁と混ぜたものは一週間をめどに使い切るのが良いみたいです。
これから毎日、蕎麦を食おうな。

保存

保存は冷蔵庫で、以下のような感じでやっています。

  • かえし:ビール小瓶
  • だし汁、かえし+だし汁:100均で売ってたガラス瓶(密閉できるやつ、容量1L)

だいたいしょうゆ200mlと日本酒60mlを混ぜて作ったかえしと、1Lから煮立たせて700ml前後になっただし汁を混ぜると、ちょうど1Lくらいのめんつゆができます。
今のところそのあたりを狙う感じですね。

かえしを寝かせるときは密閉しないようにするそうなので、松浦酒店さんでビールを買うと緩衝材としてつけてもらえる発泡スチロールの網みたいなの・・・名前知らないんですけど。なに、フルーツキャップ?
そのフルーツキャップとやらを、キッチンペーパーの上からかぶせることで蓋にしてます。

材料

あわせ買い対象商品を探してみました。
が、これくらいの材料なら近所の値下げ競争に巻き込まれているスーパーとかの方が安いでしょうね。
あと、高級なものでも量が多いほうが単価的には安そう。

かえし

4:1くらいで混ぜて沸騰寸前まで加熱してアルコールを飛ばす。一晩寝かせる。

だし汁

あわせ買い対象商品。

気になる高めのやつ。

グラム単価が2円。あわせ買いが4円なことを考えると破格ですよね。

こっちはグラム単価1.7円。鯖節の他の用途を知りませんけど。
永遠に蕎麦が食べられそう。

こいつらを一掴みずつ1Lの水とともに鍋に入れて15分煮込む。

保存容器

ビール瓶はかえし用。瓶はだし汁とめんつゆ用。

蕎麦

スーパーにも「そんなにあってどうするの」ってな数の蕎麦が並んでますが、アマゾンで見ると、あるわあるわ・・・。

20人前とかいいですね。1束あたり44円。いいな。

こっちも20人前。
値段が2倍弱、量が2倍強なのでグラム単価はこちらに軍配が上がります。

いや、グラム単価より味で選びたいんですけど、そんな高級な舌をもっていないもので・・・わさびとか入れるし・・・。

実際にやってみました


0 件のコメント :

コメントを投稿