ロードバイクなど、スポーツ用自転車に乗るなら覚えておきたい『おじぎ乗り』の習得方法とは?

おじぎ乗り #とは

僕は自転車にあんまり興味がないので、そもそもの常識を知らないんですけど、従来の常識と異なる乗り方らしいですよ。

常識を知らない僕ではありますが、ロードバイクを買って、初めて乗ってみて思ったんですね。
「あ、これ、ママチャリと違う乗り物だ」と。
ということは、今までの常識とは異なるわけです。

なので、正しい乗り方を調べてみたんですね。
そしたら、なんか変だなー、と思いました。

乗り方が2種類あった

というのも、正しい乗り方とされる定義が2つくらいあったんですね。
サドルの座り方から違ってました。
いわく、骨盤を寝かせて背中を曲げる。
いわく、骨盤を立たせて背中を伸ばす。

こういう話って、どこの業界でもあるんですね・・・みたいな気分になりました。
以前、ドラムを習っていたときも似たような話を目にしたときがあります。
そしてその時に学んだ教訓があります。
人間は、骨盤を寝かせて運動するようにはできてません。
そんなわけで、すぐに、楽なのは後者だとわかりました。

どんな乗り方?

さて、正しいのはわかりましたけど、どういう乗り方かがわからないと話になりません。
仕方ないので、さらにいろいろと調べました。

結論から言えば、人間の仕組みに基づいた、もっとも安全、かつ楽な乗り方です。

なるほどわからん!
そう思われた方、すみません。
具体的なことは書くつもりはありません。

調べれば、前傾姿勢がどーのこーの、体幹がどーのこーのと出てきます。
僕も書こうと思えば書けます。
でもそういうの、忘れてください!

教科書に書いてあるんです。
『半端な知識で半端に広めるのはやめてください』って(まじでまじで)。

実際、今の世の中には間違った常識が氾濫してることもあって、ちょろっと書いただけだと間違った受け取り方をしてしまう危険が非常に高いんです。
それに、体の使い方のことなので、見た目だけではわからないところに正解があったりもします。
なんで、順を追って勉強しないと、正しく身につく確率は低いです。

そんなわけで、先に挙げた言葉。
『もっとも安全で、もっとも楽』という言葉に魅力を感じる場合は、教科書を買ってみてください。
自分には関係ない、なんて思うかもしれません。
でも、楽に乗れるというのは、体の負担が少ないということです。
いま、体に負担がかからない乗り方を覚えておくことで、長く自転車に乗れるようになるというのもポイントです。
間違った乗り方がたたって、膝を壊してしまう・・・なんて話もあるみたいですよ。

習得するには?

以下の方法が考えられます。

おじぎ乗り関連の記事を読み漁る

ぶっちゃけおすすめしません。

脱力する運動の経験がある場合は、応用できるかもしれません。

動画を見る

多少は理解しやすいです。

学校や、セミナーなどの授業風景の動画が、無料で公開されています。
それを見るだけでも、ある程度は理解できると思います。
ただ、ちょっと見たくらいだとどうしようもないですね。
動画を見ながら実際にやってみるくらいの熱意がないと難しいと思います。

教科書を読む

一歩目としておすすめです。

僕はググって動画を見てから教科書を読みました。
そしたら、今まで調べてきたおじぎ乗りの記事とは内容が違いすぎて、『嘘ばっかりじゃねーか!』とキレそうになりました。

それぞれの記事を書いた人は別に嘘をついたわけではないのでしょうし、実際に聞いたことをそのまま記事にしているのでしょう。
でも、著者はそのときの参加者に合わせた教え方をするので、意図的にその場では情報を削ってたりするんですね。
さらに、教え方とか、表現自体も常に更新してる節があります。
なので、一回だけ教わったとして、そのときに言われたことをそのまま書いたとしても、誤解の温床にしかならないんです。

もっと言うと、教科書自体もかなり丁寧に書かれていますが、やはり体の使い方のこと。
ちゃんと実践しているつもりでも、本当にできてるのかな? なんて不安になってきます。

そしたらしめたものです。
教わりに行きましょう。

教わりに行く

二歩目としておすすめです。
やまめの学校 やまめ工房 長野県安曇野

いきなり行っても、効果は薄いです。
まずは教科書の内容を一通り実践してからにしましょう。

授業料は7000円ほど。朝からなので、東京からだと始発では間に合いません。
このため、宿泊する必要があります。
費用を削るなら、松本駅の近くにあるネカフェが安いです。
ネカフェでもちゃんと寝れる人じゃないとつらいでしょうけど。

松本から安曇野までは3時間も走れば到着できます。
雄大な景色のなかを走るので、気分はいいですよ。
そこまで走りにくいところもありません。

むすび:教科書読もう。教わりに行こう。

うだうだ書きましたけど、要するに、教科書買いましょう。学校行きましょう。ってことです。
学校は勉強になるのはもちろんですが、普通に自転車遊びとして楽しめます。
また、全国からさまざまな出自の自転車乗りが集まるので、社交性の高い方は、その辺でも面白いと思います。

(一時間)

0 件のコメント :

コメントを投稿