【ラグマス】GHと時計のネームドコレクション!仕様や効率の良い集め方など【グラストヘイム・アルデバラン】

わかった範囲で、とか予防線を張りつつざくっと書いておきます。

コレクションって?

enter image description here

冒険者手帳にあるおたから的なタブに登録されていくアイテムです。

さまざまなマップに存在しており、ひとつのクエストに対して複数存在するアイテムを集めることで進行していきます。

最初のほうのコレクションはマップに点在するアイテムを拾うだけでよいのですが、グラストヘイム(GH)以降はネームドと呼ばれるMob(通常より一回り大きい、中学2年生っぽい名前の連中)を複数狩ることでそのドロップを集めるコレクションが出現します。

そしてそのMobがなんの説明もなしにシリーズごとに微妙に仕様が異なるという不親切な状況で、ちょいちょい混乱している人を見かけるというか僕自身混乱したのでまとめてみます。

不親切とか言い出したらそもそもコレクション自体説明がないという話もありますがそれはさておき……。

メリットは?

ちなみに。
そんなクソみたいな仕様のコレクションなのですが、それでもやる理由は主に次の2つです。

ひとつは冒険レベルの経験値稼ぎ。
ポケモン図鑑冒険者手帳に登録されるアイテムなので、当然ながら冒険レベルが上がります。
レベルの高い冒険スキルは複数のポイントが必要なものもありますので、稼げるときに稼ぐのがおすすめです。

もうひとつは、こっちが一番のモチベになると思うのですが、BaseとJobの経験値稼ぎです。
コレクションは登録するとほどほどに経験値が稼げます。
ちなみにコレクションは、使用しないと冒険者手帳に登録されません。
めんどいです。
とはいえひとつのコレクションにつき5〜10ほどのアイテムが存在しており、それらをすべて有効化すると合計で数十万ほどの経験値が獲得できたりします。

スタミナが切れたあとにマップを走り回るとそれなりに経験値を稼げますのでおすすめです。
まあ、ネームドコレクションは疲労度によるドロップ減衰の影響を受けるものが存在するんですけど。

ネームドの仕様

いくつか存在しますが、大まかなルールとしては以下のような感じ。

  • コレクションごとにMobの種類は共通
  • 通常Mobより一回り大きい
  • 同じコレクションは同じマップに存在する
  • 出現する場所は固定(おおまかな位置は手帳から確認可能)
  • 決められた時間が経過すると再出現する
  • コレクションのドロップ権はワンパンを入れれば得られる
  • ただし通常ドロップと同様に拾える範囲まで行かないと拾えない
  • 鎖は無効(コレクション以外には有効)

再出現までの時間は、コレクションごとに統一されていたりバラバラだったりします。
ただその中でも、必要数が多いネームドは短い周期で、少ないネームドは長い周期で湧く傾向があるようです。

湧く場所と必要数はコレクションの説明に書いてあります。**

enter image description here

で、さらにコレクションごとにさらにいくつかの種類に分かれるようです。
大きくは世界線変更ダウンの影響を受けたり受けなかったりで分かれます。
要するにボス扱いかどうかということですね。

また、さらにその中でもコレクションのドロップ率が疲労度減衰を受けたり受けなかったりするようです。

わけがわからないよ……。

確認できた範囲ではこんな感じで分類されるようです……?

ネームドの分類

種類 世界線ダウン 疲労度減衰
GHシリーズ
(彷徨う者
ジョーカー
レイドリックアーチャー
カーリッツバーグ)
影響なし 影響あり
時間の魔女
(リトルウィッチ)
影響あり 影響なし
時空のクロック 影響あり 影響あり

一応補足しておくと、世界線ダウンの影響があるネームドは、 ボスと同様に世界線変更ダウン中はダメージが与えられません。
その代わり(?)疲労度も使わないようです。
世界線ダウンの影響がなければ普通に殴れます。疲労度を使います。
(20190808追記)すみません。よくよく確認したら普通に使ってました……。

疲労度減衰は、ドロップの取得率に影響を受けるか否かです。
疲労度白だと1個または2個落ちますが、黄色になると落ちたり落ちなかったりになり、赤になるとほぼ落ちなくなります。
ただし疲労度減衰の影響を受けないものは、疲労度白でも落ちたり落ちなかったりと気まぐれです。

ちなみに時計2F以降にもネームドはいますが、どの分類になるかは確認できていません。
たぶん上記分類のどこかには収まると思います。

おさまってくれたのむ。

MVPもいるよ。

ちなみにネームドではないんですが、本館には週替りで湧くコレクションMVPが存在しています。
4種類いるので全部集めるのに1ヶ月かかるという鬼畜仕様。

MVPの時間表示には存在しないため、隠しMVPとも呼ばれるようです。

こちらは普通にボス扱いですが、他のネームドと同様、コレクションの取得権はワンパンでもらえます。

世界チャットに張り付いているとたまに「湧いてるよー」みたいな発言があるので、ワンチャンスに賭けて覗きに行ってみるのもよさそうです。

コレクションの集め方

そんなクソめんどくさいネームドコレクションですが、集め方を考えてみます。
集め方は大きく2つ。
走り回って集めるか、ひとつずつ張り付いて集めるかです。

走り回って集める場合

本館なら4分なので4分で討ち取れる数を決めて、4分経過したら最初のネームドに戻って……とぐるぐる狩り続けます。

だいたい移動を含めて1分くらいかかるので、4〜5種類くらいずつ狩る感じになるでしょうか。
探してみると走り回るルートを公開している人もいるようです。

他に狩っている人がいなければ、マップ全体をぐるぐる回るというのも不可能ではありません。
GHなら空いてますしね。
時計塔も2Fは空いてるイメージ。

いずれにしろある程度の撃ち漏らしは折り込んでおきましょう。

張り付いて集める場合

ネームドの湧く場所が固定なのでその付近に放置することになります。

ネームドが湧く場所の敵は基本的にアクティブなので、反撃設定を入れておくほうがいいかもしれません。
ただ、遠距離Mobもいるので近接職の場合は走り回って何処かに行ってしまう可能性もあります。

かといって警戒していると反撃しようにもできなかったりします。
そのへんは適当によろしくやってください。
完全に放置するというよりは、ちょいちょい様子を見られるときにやるほうがいいかもですね。

どっちみち必要な数は一晩かけるまでもなく集まるので、ちょっとしたときに放置して少しずつ集めるのがおすすめです。
また、★モンスターが湧く場所もあるのでそれなりに放置に耐えられるビルドのほうがよいです。

ちなみに

GHの世界線ダウンの影響を受けないネームドの狩り方として世界線変更しまくって集めるというのがあります。

PTメンバーを伊豆に待機させて、フォローで世界線変更しまくると早いです。

そんな感じで

効率の良い集め方とか言っておいてルート公開とかしないのかよって感じなんですけど、個人的にはスキマ時間で放置するほうが効率いいなと感じてしまってあまり走り回りません。

別に時間をかければ集まりますし……。
半月もあれば集まるんじゃないですかね。

そこまで生き急いでも仕方ないかなと思っています。
あとドロップがそこまで頑張るほど美味しくないので頑張る気になれな(ry

なんにしても自分にあった方法で集めるのが一番です。
というと走り回るのが性に合っている人も当然いるとは思うんですが、そういう人には正直すいませんでしたという他ありません。

0 件のコメント :

コメントを投稿

いらっしゃい