バンドリ!音ゲーアプリのガルパが非常に楽しいのでおすすめしたい。

控えめに言って、クッソ楽しいですね・・・。

弦巻こころ率いる『ハロー、ハッピーワールド!』が一押しなんですが、今回はまず、このアプリそのものについて紹介せんとしてみます。

オススメポイントとしては次の3つです。

  • フリーライブ制度
  • バンドの魅力
  • 掛け合いでの経験値

それぞれ説明していきますね。

フリーライブ制度

このアプリ、音ゲー部分が無限に遊べます。
ただし、ライブブーストという仕組みがありまして。これがいわゆるスタミナに相当しています。
スタミナというよりは、積むアプリのハートに近いかな?

これを消費して(あれば自動で消費されます)音ゲーを遊ぶと、あらゆる報酬が5倍になるのです。
具体的にはプレイヤー経験値、キャラクター経験値、アイテム、それらが全て5倍です。
僕は最初、それに気付かずにブーストを無駄にしていました・・・。すごいもったいない。

というわけで、ブーストがある間は確実にクリアできる難易度で遊んで、ブーストがなくなったら超難易度に突撃する、というのがオススメです。

バンドの魅力

お次は、ポピパ以外の4組の各バンドの魅力です。よく聞くありきたりなフレーズなんで、聞き飽きてると思うんですが。いや、ほんとにこれは遊んでみてもらうしかないんですけど、すごいんですよ。

逆説的ですが、公式サイトを見てもらうと、なんか「違う」ということがわかっていただけるかもしれません。

「ストーリー」とか「キャラクター」とか「声優」とか・・・ありきたりな謳い文句が一切ないんですよね。
でも確かに、各バンドの魅力がこのアプリの一角です。

ストーリーは各バンドが一緒のイベントを作り上げていくメインストーリーと、各バンドごとの物語を描くバンドストーリーにわかれています。

メンバーの抱える問題に迫る話だったり、結成秘話みたいな感じになってるんですが。
それがリリース時点で20話くらいまで見えてるんですよね・・・。
気合い入りすぎ。
僕はまだ半分も行ってません。

もちろん、長さのと面白さは関係ないわけですが・・・。
このPastel * Palettes、通称パスパレは、アテフリ・口パクを隠して売り込もうとしてるバンドとして始まります。
そんなん、どう考えても熱い展開が待ってるに決まってるじゃないですか。まだそのあとの展開は見えてないんですが、

僕の一押しはハロー、ハッピーワールド!です。端的に言って頭おかしいのが5人揃ったバンドです。
現在、画像が彼女たちの会話のスクショで埋まりつつあります。
少しご紹介すると・・・

少し遊んでみれば、各バンドそれぞれ、引き込まれるのに十分なストーリーは解放されるはずです。
なので、やっぱり一度遊んでみて、というしかないなあ。やってみて。お願い。

あ、ちなみに各バンドストーリーの1話をクリアすると、各メンバーの星1が手に入ります。
気付かずにバンドストーリーを放置してる人がたまにいるみたいなので、注意しましょう。

掛け合いでの経験値

で、最後のポイントが、掛け合いでの経験値です。
マップ内にいるキャラをタップすると、キャラ同士の掛け合いが見れるんですけど。見ると、経験値が入るんですよ。それも、けっこう多めに。
これによって、メインストーリーもバンドストーリーも、どんどん解放されていきます。
キャラに詳しくなるのが、そのまま報酬につながるわけです。

そして、この掛け合いは、ライブ(音ゲー)やストーリーを見るたびに更新されます。
その数はかなり多いです。どんだけあるんだよってくらい。
で、そのすべてで経験値がもらえる。

これにより、プレイヤーはキャラに詳しくなっていくのがよいことだと学習するわけです。
当然ながら、積極的にストーリーを読み進めることになります。
また、ストーリーは掛け合いに比べると長いですが、何度も掛け合いを見ていることで、その延長でストーリーを見ることができます。
ストーリーを読み進める際の心理的抵抗が減る効果も期待できます。

なんというか、ストーリーを読むということと、音ゲーを遊ぶということが、うまく釣り合っているんですよね。
お互いの目的が補完し合っているというか。
このため、遊んでいてストレスを感じることが少ないです。協力プレイ、てめーはだめだ。

むすび:一回やってみて・・・

というわけで、ガルパの魅力をフリーライブ、他のバンド、掛け合いでの経験値という観点で紹介してみました。
でも結局、体験に勝るものはないので、ひとまずやってみてほしいってことになっちゃうんですが。

よく見かけるのが「アニメでバンドリ切った」って意見。
非常にもったいないです。ポピパ以外の4組のバンドにも、「本気」が詰まってるので。
そんな人にはこの言葉を送りたい。

ゼノグラシアもう通じないですかね・・・。



0 件のコメント :

コメントを投稿