国木田花丸考。ずら丸って呼び方あんまり好きじゃない

アニメ設定一色に染まっているのが気に入らないけど染め返すほどの力も興味もないから長いものに巻かれているだけで、別にアニメ設定を認めたわけじゃないんだからね! って思いながら日々を生きています。

でもめざしさんのよはまるはぷにぷにしてて好きです。(ヲタク特有のダブスタ)

悪口じゃない・・・?

正直なところ、ずら丸ってどうなんですかね。まあアニメ版はほぼ鳴き声なんで、そういうあだ名が発生するのも仕方ないかなあ、とは思いますけど。

普通に考えて悪口じゃないですか? 幼馴染だから許されるやつ。まあ、花丸さんがずらずら言っているのとかまで含めて、ネタなんでしょうけども。

ただやっぱり、本来の花丸さんは方言を気にしているキャラクターのはずで、そこをネタにするのはなんかなあ・・・なんて思います。いや、ずらずら言っているのも、アニメ自体も、ネタにしか思えないですよ、もちろん。だから矛盾してるんですけどね。

気にしてる人の方が・・・って話

こういうことを言うのは、「そう呼ぶ=馬鹿にしている」と認識している証拠に他なりません。僕自身が花丸さんの「ずら」を馬鹿にしているってことですね。

実際のところ、アニメ版の「ずら」の使い方は頭おかしいとは思っているので、間違っていません。ただ、そっちに内包されてしまっているせいで本来の(G’sの)ずらをどう思っているかがよくわからなくなっているというのがあります。困ったものです。

アニメ・スクフェス版ヨハネ専用

いずれにしろ、特に花丸さんと親しくもないヲタクが、方言を揶揄したようなあだ名を呼ぶのはどうなんだって思うわけですよ。スト魔女をストパンと呼ぶみたいな。仮にその名を呼んでいいとしたら、幼馴染(アニメとスクフェス時空限定)であるヨハネだけでしょう。

独占欲の表れとしてヨハネがそう呼んでいるとかいろいろ理由は考えられますし、それはそれでアリですよね。

よはまるにも大人の事情を感じてアレ

ところで、ヨハネと花丸さんが幼馴染になったのって、梨子をヨハネと絡ませられないからという事情が大きいですよね。梨子が使えない以上、ヨハネを物語に絡ませるための起点が花丸さんしか存在しない。そういう必然で生まれた関係なわけで。

・・・というのはあくまで仮説ですが、そもそも「普通になりたがっているヨハネ」から始まるアニメ版の一連の関係性を、2016年6月末時点で望んでいた人は存在していたのか? とか考えてしまいます。さらに、それがすっかりスタンダードになっているのが、ものすごい違和感なんですよね・・・老害。

でも、ヨハネと花丸さんが同じ幼稚園に行くのはまだしも、ルビィと花丸さんが中学校になるまで交流がないはずはないじゃないですか。ルビィの幼少のシーンがないのは、中学生になるまで内浦に存在していなかったとかそういうことなんじゃないか?

・・・なんて、割と真面目に考えてしまうんですよね。

むすび:幼馴染じゃないよはまるも見てみたい。

ずら丸ってあんまり僕は好きじゃないって話でした。別に、人がそう呼ぶのを訂正しようなんて思いませんけど。

もう少し建設的なことをいうと、「マル」って呼び捨てるヨハネとか、「マルちゃん」って呼んでたのを「マル」って呼んでと言われてどぎまぎするヨハネとか見てみたいなって思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿