スクールアイドルって結局なんだったんだ?

前フリ

この話題を書くために、そもそもアイドルってなんなんだって思って、インターネッツを徘徊した。
その結果わかったこととしては、みんなよくわかってないんだなってことだった。
そのことが、いくつか読めばよくわかったから、それ以上は読んでいない。

よくよく考えれば高校球児までがメディアで祭り上げられてアイドルになるような状態(例えがこればかりで恐縮だが、この頃からテレビを見なくなったので適切な例えが更新されない)にあって、アイドルという言葉の定義を正確に捉えようとするのがそもそも間違っているのかも。
とか思った。

でも、分からない、で一言書いておしまいだと記事にならない。
ライターならお金を貰えない。
趣味の文章書きも、自己顕示欲を満たせない。
また、それ以上に、わからないなりに、語りたいコト自体は胸の中にくすぶってる。
そんなわけで、個々人の好き勝手なアイドル論が散見される状態にあるのではないかと思う。

好き勝手と言ってるのは、どんな文献も、アイドルという言葉が含むあらゆる概念を包括した定義なんてしていないってことだ。
そして、どんな人もアイドルという概念の一側面だけを愛しており、そこについてを語っている。
アイドルという言葉が使われ始めて30年くらい経つらしいが、時代とともにアイドルが示す言葉は変わってきている。
商売の形態も含めて。

だから、恐らく包括的に定義して、語ったとしてもあまり意味がないのだと思う。
たとえば80年代アイドルと言う存在と、現代の地下アイドルは、僕はどちらもあまり詳しくないし、興味が無い。
多分、それらと声優アイドルの文化の違いを語れる人がいたとして、それに興味は湧いても価値は感じないと思う。
自分の好きなモノが他とどう違っているのかを知っても、自分が好きなそのものには何ら還元されないからだ。

それはちょうど、本家アイドル、ようするに宗教の種類にも似ている気がする。
僕自身は神に対して信仰を持たないので、あくまで想像になってしまうのだが。

きっと、何らかの神を信じている人たちは、それ以外の神の話は知識として興味を持ったとしても、あくまで自分の信じるものとは別とするだろうし、ありがたみを感じることはないだろう。
具体的には、坊さんと牧師がいくら語り合っても、最終的にどっちかがどっちかの宗派に鞍替えすることはないだろうな、ということだ。
信仰に殉じるって、そういうことを言うのだと思う。

で、長々と書いてきて、わずかに存在する、こんなブログを覗きに来てくれる変わり者もブラウザバックを押した頃だとは思うが、何が書きたかったかというと、タイトル・・・

なんだったっけ・・・

本題

スクールアイドルって結局なんだったんだ?
ということだった。

過去形で書くべきだとは毛ほども思っちゃいない。
いないのだが、まだ余裕が有るうちに考えておかないと、来るべきときに慌ててしまう気がしたのだ。
なので、一旦終わったものとして見たときに、見えてくるものを想像してみようとしている。

スクールアイドルについて語りたいのだ。
ながながと書いてきた、世の中のアイドル評に中指を立てながら書き散らした前フリは、要するに他の種類のアイドルと比べることはあまり意味が無いということになる。
それが言いたかったことは、もはやスクールアイドルはスクールアイドルとして単体で語るべきコンテンツになってしまった、ということだ。
まあ、権威の大好きなジャップのこと、紅白に出るような、しかも歌って踊る集団、だがアイドルではない何か、を別ジャンルとして捉えることは難しくあるまい。

スクールアイドルとはなんなのか。
コンテンツの中でも何度か話題になるそれは、主観的には、アイドルの真似事、ということだろう。
であるからこそ、活動を始めたばかりではただのお遊びと捉えられて、冷たく当たられたりもする。
だが、その主観は、裏を返せば『それに甘えて半端なものを出すわけに行かない』という考えがあるから出てくるものではなかろうか。

ただでさえ、アイドルという言葉には『ちょっと可愛いってだけで大してうまくもねーのに騒がれやがって』というやっかみも含まれている。
そのうえで、あくまで真似事だから、という立場に甘んじていたら、そのときは眉をひそめられたとしても文句は言えないだろう。
そして、スクールアイドルたちの中に、半端でいいと考えている人は一人もいない。

現実に売り出される商品としても、作中のキャラクターが作ったという体は取られているが、実際に作っているのはおじさんおばさんたちだし、もちろん彼ら彼女らにも生活があるから、変なものを作るはずもない。

主観的な、応援したくなる感じが、プロの技による確かな作品を上手いこと覆い隠していると見ることもできそうだ。

さらに、作品をきっちり描こうとするほど、どうしても避けられない卒業。
もちろんサザエさん時空を生きても問題ないはずで、実際彼女たちは、数年間はその時空を生きていた。
だが、彼女たちはあくまで廃校を阻止するために立ち上がったスクールアイドルだ。
サザエさん時空にいてはそもそも廃校が発生しないし、起きないことを阻止することも当然できない。

アニメで廃校阻止の話に一定の回答を出してしまった時から、『終わらせないといけない』という、ファイナルまでのドミノ倒しは始まってしまったのではなかろうか。
廃校を阻止するために立ち上がったアイドルが実際に廃校を阻止した後、いつまでも存在しているとすれば、それは茶番にほかならないから。

そろそろ疲れてきたから話をまとめたいのだけど、終着点が見えない。

とりあえず、コンテンツの寿命を好きに操作できるのって他のアイドルにはない特徴だよなあって思った。
みんな終わることに納得してるというか、納得できなくても終わることを理解はできるもんな。

結局そこなのかもしれないな。
そういう意味では、スクールアイドルって、あくまで学校モノ、部活モノであって、アイドルモノではないのかもしれない。
そういう意味での、『アイドルではなくて、スクールアイドル』。
だから、比較対象としてはアイマスよりもガルパンのほうが適切なんだろう、とか。
そういう。

ひとまず、これをもって回答としよう。

Written with StackEdit.

0 件のコメント :

コメントを投稿