国木田花丸考。アニメのサンシャイン!!からサタスペを感じた瞬間。

https://gyazo.com/a0377a1fd8e58f8522331c867d65288c

アニメ5話にて。

クレジットカードの謎の支払いを調べるために自分のTLをさかのぼってたら、ニッチすぎる話題を思い出したので晒してみます。

TRPGプレイヤーのやりがちな、サタスペというTRPGと、サンシャイン!!を重ねてみたよ! というやつです。

ひとつめは花丸さんで、情報屋の《マルチタスク》

もうひとつはヨハネで、キジルシの《二重人格》です。

花丸さんの《マルチタスク》

まずひとつめ。

ファイブマーメイドの自己紹介のシーン。

花丸さんは、ひとりだけ、自己紹介をしつつもPCを叩いていました。ドハマりしてます。依存しやすいタチなのかもしれません。

これはまさに、情報屋の《マルチタスク》(2回行動可能)の異能ですね。代償は《ネット中毒》か《無駄な探究心》あたりか。

ヨハネの《二重人格》

そしてふたつめ、堕天使を抑えられないヨハネ。

そもそも5話を見て最初に思ったのは、1話であんなにノリノリだったのに普通になりたいとか何言ってんだ? ということでした。

木に登っていたのは、タイミングを見計らって飛び降りて、『地上に落とされた堕天使だけど何か質問ある?』的なことをしたかったからのはずです。

大方、登ってみたら案外高くて、当初の目的であった堕天は怖くてできそうにない。というか普通に降りるのすら怖いっていうか、そもそもそんなところを見られたら恥ずかしいじゃないの・・・みたいな感じで動けなくなっていた、そんなところでしょう。

なのに普通になりたいと口先では言っている。となれば、木に登ったのは彼女の中の堕天使がそうさせたからとしか考えられません。

まさに、キジルシの《二重人格》(迷うとGMが行動権を奪う)の代償と言えます。異能は《電波》かな。

むすび:他にもありそう。

というわけで、アニメのサンシャイン!!5話から、サタスペ感を受けたという話でした。

この手の『なんでもTRPGにたとえたがる』は今に始まった話ではなく、TRPGプレイヤーの代表的な習性なので、界隈ではいろいろなところで見ることができます。

今の流行だと、スクールアイドルを探索者として作ってみるとか、誰かやってそうですね。

それはそうと、他にもいろいろ考えてみると当てはまるところがありそうです。

  • 花丸さんの食事シーン⇒《道楽:食事》
  • 曜のカレー⇒《食神》
  • ヨハネへの花丸さんの妨害⇒《鷹の目》

まだまだありそう。なんとなく、色事師的な目線で見ると楽しい気がしてます。

そもそもスクールアイドルと亜侠は、どちらもプロに対するアマチュアという位置付けの言葉ですから、親和性は高いのかもしれませんね。(妄言)


0 件のコメント :

コメントを投稿