自分が無理してるかどうかがわからないので読んでみようと思う。

心の疲れを取る技術

なんかツイッターで見かけた書籍。

曰く「無理をしているかどうか気付くためのヒントが満載」とのこと。

買ってみた。

無理するなと言われても、どこからが無理なのかがわからない。

そんな自分としてはかなり気になる売り文句だったため流れるように購入。

さらっと読んだ感じ、「子供の心の強さ」「短期目標で乗り切る癖がある」人が無理をしやすい・・・うん、僕のことですわこれ。

子供の頃は我慢強いことや努力が美徳とされている。というのも、子供の頃は体力や知力がだんだん向上するのでそれらによって克服できることが多いから。

また、短期目標、つまり人参を目の前にぶら下げられた馬のように頑張ることは、子供の心の強さと相性がいい。なにより、子供の頃は短期目標に向かって走り続ける無理がきく。

いろいろと書いてある指摘のいろいろがだいたい当てはまってて、乾いた笑いが出てきます。

なるほど、いまだに子供の心を忘れていないのかもしれません。

こんな反応になるというのは、無理してんだよお前、と誰かに言ってほしかったのかなあと思いました。

対処法までちゃんと書いてある。

さすがに心の疲れを取る技術と銘打ってあるだけあり、それだけでは終わりません。

きちんとそのあとに、対処するには「無理をするのが大好き」という価値観を変える必要がある、として、そのための方法も紹介されています。

これまたいろいろ書かれているんですが、初っ端にあった「方針変更でなく追加と考える」というのが印象に残りました。

まさに自分がこの手の話を聞くときに思っていたことなんですよね。『自分を変えなきゃ生きていけないんなら、結局変わる前の自分が死ぬしかないことには変わりないのでは』みたいな。

まあ、結局はいきなり変えるのはそれこそ無理だから、徐々に変えていこうって話になるんですけど。

とりあえず、気をつけなきゃと思った

さっくりとムリの項目(だけで半分くらいある)を読み終わって、最後の方で触れられてた項目がまさに自分に当てはまってて、うーん、となっています。

普通の人は休む手続きが面倒でも「面倒だな」で済むが、第2段階の人は休むのを取りやめる。

どうやら知らないうちに、第2段階くらいまでは足を踏み入れていたようです。

自分がどの程度やばいのか客観的に知るために、ちょいと読んでみるのも一興かと。

誰かに相談? いやいや、そんなだいそれたこと、できるわけない!

そんな豆腐メンタルのアルパカでなければ、役立てることのできる本だと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿