国木田花丸考。花丸さんが幼少期に好きだった本はどのようなものだろう?

こういうネタに関しては、数の暴力が使える質問サイトが役に立ちそうです。

発言小町

心に残る、おすすめの絵本 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 …

「こんとあき」(林明子・福音館書店)
女の子の成長とお気に入りのきつねのぬいぐるみとの強い絆が描かれています。

まさに、な感じですね。
気になるので見てみました。
福音館書房の作品紹介ページ。

こんとあき

こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみです。
あきが成長するにつれ、こんは古びて、腕がほころびてしましました。
あきはこんを治してもらうため、こんと一緒におばあちゃんの家にでかけます。
あきは、電車でこんとはぐれたり、犬に連れさられたこんを探したりと、何度も大変なめにあいます。
こんとあきは無事におばあちゃんの家にたどりつくことができるのでしょうか?
互いがかけがえのない存在であるこんとあきの冒険の物語。

おお、それっぽい。

昨今のアニメ絵に毒されてしまっている僕ですが、絵が、なんていうか可愛いなと思いました。
買うか・・・?

yahoo! 知恵袋

[大至急です。子供の成長を題材にした絵本を探しています。私達は会 …]
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1337100053)

林明子さんの絵が 素敵な本
「はじめてのおつかい」

ここでも林明子の名前が紹介されています。

「おおきくなるっていうことは」
・・・まさに子供の成長をテーマとした本。

こういうのもあるのか。
どんな話だろう、といろいろ調べていたら絵本ナビという通販サイトにぶち当たりました。
試し読みもできるみたいです。
一部の作品については全ページ読めるんですね。
すごい。

ここで買うのも良さそうです。
絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

0 件のコメント :

コメントを投稿