アルパカのやぼう、計画概要

計画の概要の概要

急にこんなカテゴリを作ってみたり意識高いこと書きだしたり更新頻度上がったり、自分なりに考えた結果として様々な方向に動き出しているここ数日。

僕の中では方向性は明確になっているものの、久保ユリカさんと国木田花丸さんとその他という言葉を期待してここに辿り着いた向きには明らかに不適切なものを提供しているという自覚はなきにしもアライズ

重ねての言い訳になってしまうが、あくまで僕の中ではその延長線上にあることで、特にぶれているつもりはない。
しかし、ごくごく客観的に、以前と今とで自身のやっていることを鑑みると、やはり不適切であると評価されてしまうことに対し、なんら言い訳できるものでもない。

なによりこのような説明が必要でないか? などと話のネタにしている時点で自覚のある証左である。
ぐだぐだ言い繕うだけ無駄な時間というものだ。

ところで証左という言葉、特に自覚なく使っていたがふと気になって調べてみたところ、そんなの日本語じゃない、などといういささか攻撃的なサイトにぶち当たった。
該当記事に目を通したところ、なるほど、証拠と言い切れるほどの自信がない場合に口から飛び出すもの、と捉えればよさそうだ。

確かに証拠といえばそのものを示すのに対し、証左と言えば左が証と示す表現である。
わざわざ右に回って左であると言っているわけで、なぜそんな回りくどいことをするのかといえば、それはもう、聴く人を煙に巻こうという魂胆があるのは明らかだ。
とくれば、僕自身も読んでいる人を煙に巻こうとしたということになり、これははなはだ恥ずべきことだ。

しかしさらに突き詰めれば、証左と言いたくなることを話しているところにえいやと証拠という表現を使うのも、それはそれで嘘をついているような心持ちになる。
これはいったいどうしたものか。

いずれにしろぐだぐだ言い繕うのは無駄な時間であり、そのようなことをする必要のない人生を送ることがもっとも冴えた解決策と言えるだろう。

自信のないことはそもそも言わないのと、吾輩は猫であるごっこをしないのが一番の解決策なのだ。

閑話休題。

https://gyazo.com/0ca06bd73a6bc1a3f3ee6dd8c0581e52

計画の概要

一言でいうと、内浦に住みたい、というものだ。
それ以降は構想しかない。
ごめんて。

住宅ローンの話もその一環だ。
これについては1月には進退がおそらくわかるだろう・・・わかっててほしい。
問題としては、内浦には賃貸の類が存在していないことと物件が少ないこと、そして僕自身の貯蓄があまり(というかほぼ)ないことだ。
このため、次善の策についても考えている。

次善の策は、働き方を変えて、内浦へ訪問しやすくする、というものだ。
要するにSEを、社畜をやめるということだが、その先の進路としては主に2つの案がある。
フリーランスとして収入の増加(するのか?)を狙うか、沼津近隣に職を求めるというものだ。

こちらについては現職を辞めるのが前提になるので、住宅ローンの成否がわからないと動けない。
とはいえ、それとは別に現職を続ける気が失せているので、動ける部分では動いていく予定だ。

レバテックフリーランスで話を聞いてみるとか。

そしてお察しの通り、まだそう思ってからまったく動けていない。

0 件のコメント :

コメントを投稿