DOPPELGANGER、827-PK購入。

取らぬ狸の皮算用してたら物欲が湧き上がってきて耐え切れずに買ってしまった。
827-PK backflipper FLEET。折りたためるロードバイクだ。

【購入に関して】

決め手は見た目。だけ。
どこかアイドルマスターを思わせる数字のロゴ。
しまむらさんを思い出さずにはいられないちょっと暗めのピンク&グレーの配色。
当初は同社のミニベロの折りたたみで考えていたのだが、いまいちしっくりくるデザインがなく。
そんな時にふと魔が差して折りたたみロードバイクなんてものに目をやったら、一目惚れと言っていいレベルで気に入ってしまった。
買ったのはアマゾン。
実店舗より一万円以上安かった。
近所にあさひがあるので問題無いだろうという判断。
火曜日に注文して、水曜の祝日をはさんで木曜日に届いた。
早すぎる。

【荷姿】

折りたたみ自転車だから折りたたまれて届く・・・と思っていたが別にそんなことはなく。
前輪を外しただけの、普通のロードの輪行スタイルで届いた。
折りたたみでないロードも扱っているから、そっちに合わせているのだろうな。
このため結構な場所をとるのだけは覚悟が必要。
抱えるほどの大きさだが、普通のロードより重いといってもママチャリよりはまだだいぶ軽い。
このため、体積あたりの重量が少ないのもあり、実際よりもだいぶ軽く感じた。
佐川急便のお兄さんも、10kgちょっとと感じていたようだ。
カタログデータによる梱包重量は16kgである。

【内容物】

自転車はもちろんとして、鍵、ベル、ライト、反射板(赤と白がひとつずつ)。
前輪の穴に謎の木が刺さっていたのはよくわからなかった。
思ったよりも充実している、というのが本音だが、すでに注文したライトや鍵類を後悔するほどのクオリティではなかった。
最低限だなという印象。
ただペダルに関してはかなりしっかりしたもので意外だった。
というのもミニベロのレビューばかり読んでいたために、プラスチック製とばかり思っていたので。

【組み立て】

だらだらと撮影したりしながら、2時間ほどで完成。
前輪で苦戦した。
前述のとおり、木が刺さっていたために一瞬「穴はどこだ・・・!?」などとエロ漫画における模範的な童貞じみた(童貞だが)つぶやきを発してしまったり。
タイヤの回転指示方向なるものがわからずにググったり。すぐ解決したけど。
フレームの前輪部分を逆にして前輪をはめてしまったり。
まあ、プラモデルよろしく楽しく組み立てられた。
いまのところは組んだだけなので初期不良がどう、といったことは判断できない。
折りたたみは思っていたよりも手間がかかる仕組みだった。
太いネジが2本刺さっていて、それを外すと折りたためる。
これは表現の問題でしかないけれど、外さないと折りたためない、という印象を抱いた。
考えてみれば当たり前のことなので、これは折りたたみ自転車を初めて手にしたために期待値が高すぎただけだと思う。

【現時点で思ったこと】

タイヤの回転指示方向だけは注釈がほしかった。前から見ると「V」になるように、とか。
見落としているだけかもしれないけど。
下の折りたたみ部固定ネジが、フレームに対して斜めに刺さっているために付属のL字レンチではくるくると回せない。
ドライバータイプを買おうと決意した。
折りたたむとハンドルとペダルの邪魔さが際立つ。
輪行袋に入れてどうなるかのほうが重要だが、いちいち外したりするのはだるすぎるので、それぞれに折りたたみ機能を導入したいと考えている。
また、折りたたんだ時のネジの保管を考える必要が有ることに気付いた。
ただ、これはまだ工具携行の準備をしていなかったので、それに合わせて準備しようと思う。
すでに1.5諭吉程度の周辺機器を買っているのだが、さらに倍くらいは犠牲になってもらう必要がありそうだ。
防寒具やヘルメットも買い忘れていたし。

0 件のコメント :

コメントを投稿