マルのヨンコマ、間違い探しの話。

すまない。
12月発売分の話だ。

聖歌隊設定(聖なるかなのあれはなんだろう。声出しかな)から発展して、天使の衣装を作ろう!
という話。

見どころは、なんといっても花丸さんの聖歌隊衣装および天使衣装・・・
といいたいところだが、今回に限って言えば右下のダイヤさまだろう。

ダイヤさまの「わざとらしすぎてみてられないわ!」のセリフ。
なんというか、やりやがった・・・! と言わざるをえない。
ルビリストとして、徳を積み過ぎたがゆえのセリフというか。
(妄想の中で)見飽きたわそんなん! という感じであろうか。
正直なところ、久保ヲタクとして尊敬の念を禁じ得ない。

「それは10年前に(妄想の中で)やった」みたいな。
10年かな。
15年とかでないことを祈りたい。
2歳・0歳で相手を天使扱いしてたとか。
さすがはダイヤ様です。

ネタは抜きにしても、天使のように思っているのが透けて見える良いセリフだと思う。
ネタを抜きにすると、ルビィは案外、ノリと勢いで(誘惑に負けて?)姉のアイスに手を出してしまったりする実績がある。
どこかいたずらっぽいというか、茶目っ気のあるというか。
そんなルビィをして、そう言わしめているのであろう。


ところで何故か果南さんだけが衣装試着時に描かれていない。
花丸さんは何か恨みでもあるのだろうか? 独占欲? まさかな・・・


果南と曜の筋肉コンビに言わせると、天使衣装は色気のない自分たちに向いており、ハートや星、リボンよりはまだ良いらしい。
今時の内浦の体育会系の女子高生はわからない。


オチにヨハネ。
前回に引き続き2回目。
気に入ったのだろうか。
使いやすいのはありそうだけど。


ところでこの衣装が2ndの伏線になったり・・・はしないか。流石に。

0 件のコメント :

コメントを投稿