夢を絞ったななみんを思う。

Wake up, Girls! 劇場版第三弾、Beyond the Bottomを観た。
(昼にはライブも見ていた。)

ななみんが自分の夢に見切りをつけていた。
泣けた。
あんなに入りたがっていたのに・・・

アイドルになってしまったから夢を諦めてしまった?
光塚以上の何かを、WUGに見出だせた?


アイドルを続けたい、と光塚に入りたい、と。

どっちか選ぶなんてできないだろう。
どっちを選んでも、選ばなかった選択肢は残る。

だから、後悔なんてしていない、ということにしなきゃ、やっていられない。

前編でも思ったけど、あいちゃんがわぐにいてくれて本当に良かった。


でも別に来年受けるのもできなくはないのではなかろうか?
絶望的なだけで。
ななみんのことだし、受けないかなとも思うけど。

0 件のコメント :

コメントを投稿