水道局がやばい

水について、検査項目の増大と信頼性の向上。
水道局のCMが、最近話題になっている。
ミネラルウォーターと水道水の比較で、どうにかして
水道水を持ち上げようという魂胆らしい。
 
土台無理がある比較のように思えるが、
どういう論拠でどんな結論に持っていくかというと。
 
水道水の検査項目は50以上。ミネラルウォーターの数倍!
→水道水は安全!
→安くて安全なんて水道水すごい!
 
元のコピーを使う気にはなれなかった・・・
 
どう考えてもミネラルウォーターの検査項目は
必要ないから少ないだけだ。
というか、正確には少ないんじゃなくて。
水道水が多すぎるだけだ。
 
ミネラルウォーターで同じ検査をしたら、
だいたいの項目が「検出されませんでした」的な
値になるんじゃなかろうか。
 
だいたい、塩素に関して言えば、むしろ一定値が
含まれていないといけないって美味しんぼが言ってたが・・・
今は違うのだろうか?
 
 
今もそういう決まりはあるみたいだ。
特に値が変わっていないとすれば、
その他の不純物をいくら取り除いたところで
カルキ臭いという点は変わらないような・・・
 
んで、水道水が飲まれなくなったのって、
危険とかどうとかいう以前に、まずいからだと
思うのだけれど・・・
 
これに関してもちょっと意見は分かれる。
僕は、水道水をまずいと思っている。
でも、おいしいと言っている人もいる。
 
正直なところ、味なんて個人の味覚とか
先入観とかに依存する部分が大きいので、
僕の舌が正しいとか、間違っているとか、
そういうことは言えないとは思う。
そもそも場所によっても味は異なるだろうし。
 
ただ、このまずいと思う感覚をさかのぼると、
小学生くらいのときから母親が水道水を飲むなと
躾けられていたことに起因してる気がする。
(実家はそもそも地下水で、周囲の田畑の農薬が
溶け込んでいるから・・・という理由だったが)
なので沸騰させた水しか飲んでなかったので、
水道水との違いであるカルキ臭さをまずいものだと
刷り込まれ、またその違いに敏感になったんだと思う。
 
水道水のカルキ臭さをまずいと思えるかどうかが、
結論の違いになるのではないだろうか。
 
まあ、検査をしている以上は、ただちに健康に
影響が出るレベルではないのだろうし。
おいしいと思うのならば、別にそれを止める
理由もないし。
無駄な金を使って、と指を指すのも結構。
溶け込んでるものが我慢できる人と、
我慢できない人がいる。
 
それだけの話なのだと思う。

0 件のコメント :

コメントを投稿