ヨーソロード&果南レール不発!……からの2日目に無事に実現!!今後定着すると良いなあ

タイトルでだいたい言いたいことは言ってしまった……。

ヨーソロード&果南レール

何の話よ? って方はこちらの記事をどうぞ。

クソみたいなヲタクに苛まれてる日本を変えてくれるのは、よそ者である海外なのか。|アルパカのサンドバッグ

LoveLive公式がファンミのヨーソロード・果南レール動画を公開。強いられてる?いいじゃん、やろうよ!|アルパカのサンドバッグ

PVのように、前方から後方へピカピカヲタク棒を上げていく芸をしましょうという話ですね。

日本のヲタクは家だの虎だのを叫ぶのに忙しく、まごついている間に先日のソウルファンミで実現されてしまいました。
で、日本でもようやっと一部のモラルの高い方々が動き始めたという状況です。

札幌ファンミ当日。

で、1日目。

いろいろ準備して、パンフ配布なんかを進めておられたようですが。

どうやらその肝心の、2nd3rd楽曲をやらなかったという話がTLに流れました。
(なおアルパカは両国に行ってました)

まあ、公式からのヲタクへの期待値はそんなもんなんだろうな……という感じです。

別に軽んじられたというわけではないんでしょうけど、初手で信用するにはちょっと日本はやらかしすぎたってことなんでしょう。

翌日は成功した模様。

2日目では昼にヨーソロード、夜に果南レールが無事に成功したとのことです。

ファンミ、2daysだったんですね。

モラルが低すぎてそれすら曖昧でした。
なんにしても、実現してよかった。

戦いはまだ始まったばかり。

よかったよかった……といいつつ、正直なところこれくらいはできて当たり前って気がしています。
スノハレという前例がある以上、それを見越したPVだったはずですし。

最前だけは難しそうというか、責任が重そうですけど。

いずれにしても、スノハレのUO文化もなんだかんだで昔はまばらだったわけで。
これを定着させることができるかどうか?が今後の課題になるのかなと。

両国国技館みたいな全方位の客席のある会場でできたらすごいですよね。
それくらいの練度を目指してもらいたいものです。

ひいては、それくらいライト層にも浸透するくらいのところまで、Aqoursが上り詰めることになるはずですから。

あとは『しない』の方もどうにかしたい……

家虎だとかPPPHだとかの、する人たちばかりが目立ってしまって、よく知らない人たちに「するのが普通」みたいに思われかねない文化を抑制していくための動きができたらいいんですけど。

これに関しては『している』ところを海外にお手本示してもらうわけにもいかないですからね……。

0 件のコメント :

コメントを投稿

スーパーいいね!ボタン