基本無料のFLEEX。課金の効率を考えてみる。

FLEEXを始めてみました。

マイニングという形式を取っていますが、実質は日利2%〜3%のHYIPですね。(個人の意見です)

利率を考える。

実質年利は……50日で0%、100日で100%ときて、350日で600%。
課金して仮に2.5%になると元本は40日で回収できるので年利は800%。
最大の3%だと33日で回収できて、年利は1000%。
ふむふむ。

https://gyazo.com/57b1667d3afd4fa498516b557fb001eb

すでに45日続いているので、スタートダッシュを切った課金組は元本を回収できているころというわけですね。
無課金組がどれくらいいるのかはわかりませんが、ハッシュを掘らせている間はいないも同然ですし、コインを掘ったところでもともとが$1の2%ですから、たかが知れています。
ダウンを増やすために活動してもらえる宣伝費と考えれば、むしろ安すぎるくらいです。

重課金のアップは潤いますが、それだって12%程度です。
2レベルの5%も考慮すると、日利3%が4%になる程度でしょうか?
いやまあ、でかいですけど。

ハッシュを掘る場合は?

ちょっと気になるのが、ハッシュを掘って効率を高めた後にコインを掘ったとして、ハッシュを掘った分を回収できるのはいつになるのかという点ですね。

ハッシュを掘る速度自体は複利が効くわけですが、果たしてそれがどの程度の効果になるのかがポイントです。
サービスの存続期間によっては、素直にお金を掘ってりゃよかったー! ってなる可能性もありますからね。

どのタイミングで複利が効くようになるのかはよくわからないのですが、1日ごとの複利で考えると、35日でほぼ2倍、199.99%になるようです。

https://gyazo.com/6c9f96a7042de78682478743f47f336e

miningの画面上では1日ごとの予想増加値が見られるのですが、100.2GH/sになっている状態で確認すると1日の予想値が2GH/sより少し多くなっています。
ということは、1未満のハッシュでも複利が効いているということですね。
ただ、あまりに少ない複利の影響は誤差レベルになります。
試しに0.02%を1日10回効かせる想定で計算してみると……201%と、ほぼ変わりません。

https://gyazo.com/7bf6e7895ac0c931a5e0f4fb11375b13

35日と考えて問題なさそうですね。

効率を考える。

さて、では試しにハッシュが倍になったときの皮算用ことを考えてみましょう。

ハッシュが倍になると、元々のハッシュ量をマイニングするために必要な時間は半分になります。
当然ですね。
ちなみに、大体の場合はハッシュが倍になることによってレベルが上がるので、もう少し短くなるようです。
たとえば100が200になると、レベルが上がるので発掘量は2.1%になります。

ということは、同じ量を発掘するのにかかる時間は5%だけ短くなります。
2%なら25日だったのが、2.1%なら23.8日というように。
1.25%だけ短くなるわけですね。
まあ、誤差といえば誤差ですが。

ちなみに、もし70日掘るとハッシュは2 * 2で4倍になります。
元本確保までの時間は12日です。

試しにこれらの計算結果を並べてみると、以下のようになります。

パターン ハッシュ1倍 ハッシュ2倍 ハッシュ4倍
無収益 0 35 70
元本確保 50 59 82
2倍 100 83 94
3倍 150 107 106

うーん、なんていうか……どっちにしろ時間がかかるのでは……?
みたいな気分になりますね。

ただ、これらは初期値の場合です。
以下では、課金した場合のことを考えていきましょう。

0.01BTC

これくらいならシャレで入れられますね。

このときのハッシュは2700くらいでレベル3、2.3%になります。
この状態でハッシュが倍になるのは30日。
倍になるとレベル4、2.4%になりますので、100%回収にかかる日数は21日。
よって、51日で倍になって、72日で2倍になります。

0.1BTC

まあまあな金額です。

このときのハッシュは27000くらいでレベル5、2.5%になります。
通常の元本確保には40日かかります。

この状態でハッシュが倍になるのは28日。
倍になるとレベル6、2.6%になりますので、100%回収にかかる日数は19日。
47日で倍になって、66日で2倍になります。

0.5BTC

すこしがんばってますね。

このときのハッシュは135000くらいでレベル8、2.8%になります。
通常の元本確保には35.7日かかります。

この状態でハッシュが倍になるのは25日。
倍になるとレベル9、2.9%になりますので、100%回収にかかる日数は17日。
42日で倍になって、59日で2倍になります。

1BTC

気合入ってます。

このときのハッシュは270000くらいでレベル9、2.9%になります。
通常の元本確保には34.8日かかります。

この状態でハッシュが倍になるのは24.3日。
倍になるとレベル10、3%になりますので、100%回収にかかる日数は16.6日。
40日で倍になって、57日で2倍になります。

むすび:無課金は微妙、だがしかし。

というわけで、FLEEXについていろいろと考えてみました。
一日2%〜3%って、冷静に考えてHYIPじゃないそれ?
というところから始まって、効率をいろいろと考えてみたわけですが。

なんにしても、無課金の場合には長期間続かないと話にならなさそうです。
ただ長く続くのを前提にするなら、課金していいんじゃない……?
という話が出てきます。
なかなか難しいところですね。
いずれにしても時間が経過し過ぎた感はありますが。

そしていろいろな仕組みで隠されてはいるものの、よくよく見ると1BTC預けると25日目から日利6%の配当がもらえるHYIP、という側面があるのは見逃せません。
1日6%は長続きしない部類の配当です。

もし50日預ければ、それ以降の日利は実質12%!

そうやって考えると、高額を課金するのはちょっとばかり躊躇ってしまいます。

しかし、みんながそう考えて小額しか課金しないなら、元本が回収できるようになるまでの時間は長くなるわけで……。
そういう意味では、長生きするんでしょうか?
仮にそれで安全だという評価が増えれば、人が増えてさらに安定するかもしれませんよね。

……というのが成立しないのが、囚人のジレンマなのでしょうが。

0 件のコメント :

コメントを投稿