BloggerがGoogle先生にまた叱られたのでリダイレクトの設定を頑張って見直した。今度はJavaScriptだ……

また叱られた。

Bloggerでドメインを当てたけど広告出なくて悲しみに暮れながらドメイン剥がしたらGoogle先生に叱られまくったのをなんとか対応した、と思った前回。

ふと気付くと、また同じようなメールがきてました。
なんかまた叱られてました。

確認。

おかしい、前回叱られた範囲は(だいたい)直したはず……と思ったらえらいことになってました。

https://gyazo.com/a35b9b87e6faa3bad465d50958791c54

いや多すぎるでしょ……。

なんなの? と思って確認すると、こんなURLがずらーっと並んでいた。

http://www.alpacaaaaaaa.com/search/?updated-max=2014-05-10T20:56:00-07:00&max-results=100&reverse-paginate=true&start=30&by-date=false

どうやら検索結果かなにからしい。

さまざまな言い訳が脳裏をよぎります。

それ人間が入力できないじゃん。
そんなパラメータ初めて見たんだけど。
つーか知らんがな。

しかしGoogle様は絶対で、ドメイン出戻りなんてした雑魚に人権はありません。
どうやらこれも.htaccessでいけないパターンのようなので、別の方法を探すことにしました。

jsでいけた

ややあって、以下のサイトを参考にしたらいけました。
301扱いになっているかはちょっとあやしいですが。

JavaScriptで前ページから受け取ったパラメータ先へリダイレクトする | A Day in the Life

サンプルで出ているのはpageとanchorとかあまり汎用性にかける感じの設定でしたが、そのあたりをざっくりと削ってURLにクエリをそのままくっつけてやればよしと。

var linkUrl = “http://whyimoeat.blogspot.jp/search/” + location.search;

こんなかんじで。

まだあんのかな……

今回のお叱りはすべてこのパターンでしたので、なんとかこれで対応した気になっています。

また叱られたらなんか書いていきます。

0 件のコメント :

コメントを投稿