サタスペサンシャイン!! 松浦果南恋愛亜侠説

話についてこれてる人いますかね。僕はここです。

わかる人いるのか? って思ってたけど

サタスペ×サンシャイン!!ネタが微妙にウケたので2匹目の泥鰌を狙います。

というかそちらに入れ損ねたネタの供養的な側面が大きいです。

書いたときはわかる人がそこまでいるとは思ってませんでした。

まあ今の流行を組み合わせてはいるわけで、通りはいいんですかね。知りませんが。

松浦果南恋愛亜侠説

詳しく見ていきましょう。

《氷の微笑〉

幼少の出会いのシーン。マリーに対して光を散らつかせて、屋外に誘い出します。

マリーはもちろん、出て行かないという選択肢もありました。しかし、性業値判定に失敗し、誘い出されます。

なぜ、失敗したのでしょうか? ・・・そう。

《氷の微笑》で性業値を上昇させられたわけですね。

そして、屋外に誘い出されたマリーを襲ったのは・・・。

言うまでもないですね。

果南の〈抱きしめる、キスをする〉です。

この判定の性交成功により、マリーは《果南のトリコ》の代償を得ます。

《一生のお願い〉

次に、スクールアイドル・・・つまり、先代のAqours結成です。

これはわかりやすいですね。〈お願い〉によって、マリーをスクールアイドルに引きずり込もうとしています。

一度は判定に拒否されるものの、すかさず《一生のお願い》によって再判定を強要しています。

《長いお別れ》

そして、誘っておきながらスクールアイドルの解散を切り出します。

トリコにした次の瞬間に別れをつきつける。

これを恋愛亜侠と言わずして、なんといいましょうか。

マリーはこれに抗う術を持ちません。行動不能にされ、国外に出荷されます。

《海千山千》

話は現代に戻ります。

マリーと果南の再会のシーン。マリーは恋愛亜侠としての修行を積み、〈抱きしめる、キスをする〉をぶちかまします。

しかし、恋愛亜侠に対しての恋愛攻撃ほど無謀なものはありません。

案の定、《海千山千》による判定妨害で、そっけなく切り捨てられてしまいます。

《こだわり》

ところで、果南は執拗にウェットスーツで登場しますよね。

恋愛亜侠の、《こだわり》の代償をもっていることが明らかです。

周りの人が特に突っ込まないのも、《こだわり》の代償持ちであるからだと考えると、合点がいきますね。

〈告白する〉へのカウンター

そして最後。

ずぶ濡れのマリーが、渾身の〈告白する〉を放ちます(『私の果南を思う気持ちを〜〜』ってやつですね)。

しかしそれに対して、すかさず〈抱きしめる、キスをする〉で応戦します。

当然のごとく成功し、マリーは再び《果南のトリコ》の代償を得ました。

むすび:やはりかなちゃんは恋愛亜侠。

というわけで果南が恋愛亜侠としての異能を使いこないしている場面を書いてみました。

マリーの留学話を聞きつけたことから、情報屋も持っていそうですね。

《盗み見》かな。(イラスト的な意味で)

ちなみに黒澤さんは、ちょくちょく脇にいることから、参謀として《応援》を飛ばしているのかもしれません。

あるいは《投資》かもしれませんが・・・。


0 件のコメント :

コメントを投稿