Aqours1st LoveLive、Step ZERO to ONE、ひたすらに、お疲れ様でした。

1日目終わった段階で記事書けないのは弱いとしか言いようがない。眠かったんだ。

お疲れ様でした。

難しいことは言いたくない、この素晴らしい気分のまま眠りたい。

というわけなので、以前の記事に書いてた気になるところくらい振り返って、さっくりと記事としたいな、なんて甘いことを考えてます。

だってライブ直後の頭から意味のある長文をひねり出すなんて無理でしょ。

うまいこと感想垂れ流してる人たちなんなんだよってなるでしょ。

僕は目を輝かせてライブを鑑賞する幼女になりたいんだ。

さておき。

気になってたこと。

高槻さんと花丸さん。

これはずっと気にして見てましたが・・・気にするのがバカバカしい程度には、全編通して、想像を超えて花丸さんでしたね。

また、2日目の君ここではちらっと何度か、今まで映らなかったシーンで高槻さんが映りました。

去年の初披露で感じた、違和感というか、乖離というか、が完全に取り除かれました。

思い残しが一つなくなりました。

他。

AZALEAはあかんでしょうあんなの。

声に関して。

MCでのトーンは完全に今年Verでしたね。徐々にキャラ声の割合が増えている気がする。

その一方で、歌声としては全体的に、CDに収録されていたままの花丸さんかな? と感じました。

ソロパートだけ聞いた時の印象ですが。

あと。

1日目の挨拶。・・・これは別に書くとしますかね。

斉藤さん。

まったく問題なかった。

未熟DREAMERの冒頭が他二人に比べると妙に小さいような気がして、それだけ気になっているのだけど、それ以外は問題なかった。

夜空はなんでも知ってるの?のソロのダンスパートの面目躍如感と来たら。

正直ずっと高槻さんを追いかけてた。

恋になりたいAQUARIUM

ヨーソロード、なんていうか、うん。気にしてたのが馬鹿みたいだなって。

あんなんずるいですよ。ヨーソロードに端からヲタクが参加する余地がないとか。

さておき、カメラアングルやら振り付けやらヨーソロードやら、いろいろありましたけどどれもこれも楽しめました。

気になるところを上げるとするとかなちゃんの「I love you」は叫ぶところじゃねーだろ、くらいですかね。

まああくまで僕の信じる教義の話でしかありませんけどね。

むすび:最高だった、掛け値なしに

そんな感じで、気になることとして挙げていた3点についてかるーく振り返ってみました。

軽すぎてライブ見てなくても書けそうな内容の気がする! あかん。

語彙がヲタク化する程度にはすばらしいライブだったのがいけないと思います。

本当にいいライブだった。

いろいろと感じるところはあったので、明日以降、言葉にまとめられるようになったら垂れ流していこうと思います。

今日は泥のように眠りたい。

0 件のコメント :

コメントを投稿