軽い気持ちでロードバイクに乗ってるのでジャージとか持ってません

自転車ライトユーザー

自慢にもなりませんが、軽い気持ちでロードバイクに乗っています。そのため、自転車本体はほぼノーマル。盗難の心配がありません。

ついでにサイクルジャージとか呼ばれる装備の類も持っていません。ただ、最低限の対策はしています。もしそういう対策なしに自転車に乗っている人(いなさそう)がいれば、ぜひ、最低限の対策をするといいよという意図でこれを書いています。

(ちゃんとした自転車乗りの方も、ライトユーザーがどんな無茶をしているかが楽しめるかと思います)

アンダーアーマー+機能性ワイシャツ

さて、結論から言うとこれです。ワイシャツで自転車乗ってます。寒いときはウィンドブレーカーをさらに着ます。これで去年から一年間走ってますが、特に問題ないし、快適です。

商品としてはこんな感じ。

求めている性能としては、汗が乾きやすいこと。それだけです。というわけで夏用の服を冬でも着ています。アンダーアーマーなら、ヒートギア。ワイシャツは、クールマックスとかいう技術を使っているもの。

自転車って、乗ってみるとわかるんですが、冬でもとにかく汗をかくんですよね。もちろん極寒の地を走るとかなら必要かもしれません(当然ながらライトユーザーには無縁の世界です)。1ケタくらいの気温だったら、ウィンドブレーカーを着て少し走れば汗をかいてきます。

ジャージじゃない理由

サイクルジャージ的なものならもっと快適なのかな? と思わないでもないですが、以下のような個人的な理由で却下してます。自転車に本気じゃないのがよくわかると思います。

  • リュックを背負う

荷物を減らせない人間なので、リュックが手放せません。リュックを背負えば、当然ながら背中のポケットも使えないので、専用のジャージを使う意味もありません。

リュックじゃなくて、自転車に積載するというのも何度か試しました。ですが・・・『乗りづらい』、『土産などで荷物が増えると結局背負う』、『背負ってなくても暑いものは暑い』、『自転車に乗らないときの荷物の詰め替えが面倒』といった理由で、リュックを手放すには至りませんでした。

  • 他の趣味と兼用する

ライトユーザーなので、自転車専用の服にはもったいなさを感じてしまいます。どうせスポーツ用に高い服を買うなら、汎用的に着まわしたいなあ・・・という。

となると、自転車に乗っているときの姿勢にぴったりとか、そういうのは要らなくなります。

そんな感じで、サイクルジャージは要らないという結論に達しています。

むすび:楽だよ!

というわけで、ライトユーザーなのでジャージ代わりに適当な格好をしてます、という話をしました。性能としてはそんなに変わらないだろうと思ってますが、いかんせん比べる気がないので、何とも言えません。

ちなみに他のメリットとしては、重ね着と無縁になるので服に悩まずに済むことと、ワイシャツなのでそれなりの格好が保障されること。デメリットとしては立ち絵が一枚になる季節感がなくなることですね。

ついでに、下半身はそこまで不快感を感じなかったので、ユニクロのジーンズです。右足は捲ってます。

0 件のコメント :

コメントを投稿