バレンタインの花丸さん 虚偽申告編

「バレンタインデー、おめでとうございます!」
しばらくの逡巡のあと、出たのは、そんなよまいごと。
いや、見栄を張りました。

マルの渾身のギャグ、だったんです。
だったんです、けど・・・。

あなたは、少しだけ首をかしげて・・・ニコリ。
困ったようにも、わかった風にも見える笑顔で、受け流します。

ああん、もう。

そんなふうにうまく受け流したふうを装うったって、おらが・・・じゃなかった。
マルが、どんなにニブチンだっていったって・・・わかっちゃうんですからね。

でも、そう思ってくれるんなら、いいです。
むしろ、そう思ってくれた方が、いいんです。

マルの「ほんとう」は、きっと、あなたには迷惑だから。
だから、この気持ちは・・・きっと、このまま、冗談として。

「ハートの形はルビィちゃんが作ったので、お星様の方は、オラが作ったんだ」

マルは、2つ、嘘をつきました。

1つは、あなたに。

本当は、どっちもマルが作ったんだ。
でも、恥ずかしいのと、なにより・・・やっぱり迷惑だろう、って思ったんです。
だから・・・ルビィちゃんの名前を、借りちゃった。

もう1つは、自分に。

これは、ルビィちゃんのと、同じ形。
だから、星型とは違う、ルビィちゃんと交換したのとは違うチョコを作った、ってことには。
ハートの形のチョコを作ったってことには、何の意味もないんだよ、って。

ましてや、それに・・・
特別な意味なんて、ないんだよって。

そんな気持ちを、隠すみたいに。
かさかさと、乾いた音を立てる包装紙で、ぎゅっと包み込んで・・・その嘘を、閉じ込めちゃいました。

「あははっ♡」

あなたの声に応えて笑う。
大丈夫。
このチョコには、嘘が詰まってる。

この嘘はマル自身にももう、どこまでが嘘かわからない。
だからきっと大丈夫。
自分に言い聞かせながら、駄目押しで冗談を付け足した。

「いつかオラたち二人で、一緒にお嫁さんに行くかもしれないずら♡」

嘘を詰め込んで、冗談で包んだ、チョコレート。

どうかあなたが、甘いところだけ、味わってくれますように・・・。


そんな内浦。

0 件のコメント :

コメントを投稿