リクナビNEXT グッドポイント診断の結果と考察

グッドポイント診断

リクナビNEXTのサービスということで、以前に作ったアカウントのパスワードを思い出すのが面倒だったので、登録して診断。
あとから考えると、再登録の方が面倒だったけど。

数が思ったより多くて、職場で長いトイレに行くことになってしまったけど、ひとまず回答。
結果は以下の通りで、それぞれに説明もついていた。

  • 親密性
  • 感受性
  • 柔軟性
  • 独創性
  • 受容力

ふうん?
と思いながら読んだ。
当たり前なんだけど、これは長所の羅列でしかないから、じゃあどうするか、っていうのは自分で考えなきゃいけない。
それ以上に、どちらともいえないがなかったために、迷いながら回答した部分がちょいちょいあったこともあり、いまいち結果が信用できない。

特に、感受性が高いというのが信じられない。
上司ににらまれるとうまく喋れなくなるというのは感受性が高すぎるせい・・・なのか?
仮にその素質があったとしても、現時点では使いこなせていないのは間違いなさそうだ。
あとやっぱり転職した方がいいな、という気持ちが強くなった。
ありがとうグッドポイント診断。

昔から、別に今の仕事じゃなくても、なにしても何となく生きていけるという気持ちがあるのだが、それは間違ってはいなさそうだ。
その辺りについてはまた今度考えるとしよう。

診断結果はこんな感じ。

親密性
あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。
内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。
「控え目・礼儀正しい」など、評価されることも多いでしょう。
多くの人が集まる場ではおとなしく見られることが多いあなたですが、深い信頼関係を構築できた相手とは互いの思いや内に秘めたパワーをしっかりと理解しあえているはずです。

感受性
感情が細やかなあなたは、周囲の人の気持ちを思いやりながら行動することができます。
ひとりひとりのささいな変化も見逃すことはありません。
鋭い感受性で自然に気づき、彼らにとってできるだけ心地よい状態を創り出そうとします。
周囲に対する配慮はもちろん、言葉をかけるタイミングや伝え方のトーンまで、相手に合わせて工夫することができます。
あなたは感受性を日常のあらゆるシーンで活かしているため、周囲の人は円滑な人間関係やスムーズな進行にあなたのきめ細かい配慮があることを実感しています。

柔軟性
あなたは、好奇心旺盛で興味の範囲が広く、ものごとを柔軟にとらえることができます。
また、突発的なできごとに対して臨機応変に対応することも得意です。
何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。
あなたにとって、ひとつのやり方しか考えないことは悪なのです。
結果を出し続けていることが知れ渡るにつれて、周囲の人は改善したいことがある場合、あなたの視点やアイディアを求めるようになります。

独創性
「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。
あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材が見つかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。
周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。

受容力
あなたは、和やかな人間関係を重視し、考え方やタイプの異なる人に対して拒否反応を示したり、自分の主張を押しつけるようなことはありません。
人が集まる場において、あなたは誰に対しても自然と穏やかに対応します。
あなたに受け入れてもらえていると感じ、安心感を得られる人も多いはずです。
また、あなたは環境や事実もありのままに受け入れます。
周囲の人から、新しい環境においてルールや雰囲気にスムーズになじむことができる点を評価される機会もあるでしょう。

なるほどと思う部分はあるが、首が傾くところもある。
それぞれについての感想は以下の通り。

親密性

まあ、どっちかというとではあるけど、多数よりは少数かもしれない。
少数すら求めているのか怪しい気はするけど。

感受性

めっちゃ首を傾げた。
「なにそれ? どこの星?」とかそういうレベル。
もしかして、忙しそうな店員さんに話しかけられないコミュ障のこと言ってる?

柔軟性

これはあってるかも。
常駐先をキャッチボールのごとく次々と変えられたけど対応できてる。
決まりとか守るのはかなり苦手だし。

独創性

決まりを守るのが苦手、に関連してそうな項目。
ただ書いてあることを見る限りだと、自分がそんな大した人間かというのは疑問が残る。
『自分だったらどうするかを常に考え』とかについては、『知らんがな・・・』と思ってしまうのだけど、そうすることで長所を伸ばせますよ、というふうに受け取るべきだね。

受容力

めっちゃ首を傾げたその2。
でも新しい環境に対応できるってのはその通りかも。
自分の意見がないとか、主張が弱いというのを受容力と呼べるのならそうなのかもしれない。

感想。
『どちらともいえない』がないくせにどちらともいえない設問が多くてストレスが溜まった。
やはりストレングス・ファインダーが自分には向いている(『どちらでもない』が多い人はストレングス・ファインダーをやるべき)。
まあ、そもそも使い方が違うから比べるもんではないのだけど。

そして診断結果から適職が想像できない。
多数の人と仲良くすることを好まない(親密性)くせに新しい環境に適応するのがうまい(受容力)けど自己主張弱い(受容力)からやりこめられてばかりで、思いついたようにやる(独創性)から適応したと言いつつもちょいちょいはみ出して(柔軟性)ひんしゅくを買って、その害意を的確に感じ取って(感受性)しまう。

あー今の職業まさにそんな感じだわー。

ちゃんとしたところに行ければ新しいやり方でも短期間でもなんとでもできるけど、そもそもちゃんとしてないとそれに適応しちゃう。
我を通そうとするより自分を曲げる方がはるかに楽なんだよね。
そもそも曲げる自分なんてないし。

対策としては、客を選ぶってことだろうな。

まだまだ診断結果は使いこなせていないなというのが正直なところ。
そういうことをちゃんと考えてこないで、蓋をして先送りにしていた問題が一気に噴出した感じがする。

実際その通りだろうが、今が一番若いんだという言葉で自分を励ましつつ、もう人生長くないんだという言葉で自分を追い詰める感じでここから頑張っていきたいなと思う次第。

0 件のコメント :

コメントを投稿