国木田花丸考。花丸さんと植物図鑑。

ふと、花丸さんタペストリーを見ていて天啓が降りてきた。

『グループ名のネタとして植物辞典を借りてたのでは?』

というもの。
いまさら過ぎるといえばいまさらすぎる話ではあるが。
アニメ4話においても花丸さんが作詞の本を借りていた、という話を中の人の発言によって知る程度の注意力なので、そんなもんである。

とすると、惑星の王さまも、梨子がそのあとのインタビューで星の王子様の一節を引用していたし、紹介などされて、読む気になったのかもしれない。

植物図鑑については前から気になってはいたのだが、これにて一応の回答としておこう。
もちろんあの時点ではミニユニットの話は影も形もなく、完全なこじつけではあるのだが、振り返ってみるとあたかも伏線のような本の借り方をしているのは非常に面白い。

結果的に彼女のグループには、花の要素を持つメンバーが多く集まったこともあるが、何より彼女の名前は花丸だ。
あの時点で、ネタ出しには植物に関する何かが使われるはず、と仕込んでおいたのかもしれない。
どんだけだよ・・・とは思うが、なくはなさそうな話だ。

ところで、AZALEAという名前を前に、果南だけは微妙な反応だったような気がしてきた。
「マルちゃんは名前が花だし、ダイヤもマークが花だしぴったりだけど、私はそんなでもないよね」
みたいな。

そしてまたそんなことを言って、と食って掛かられる。
「果南ちゃんの『果』は、果実ずら? 成熟した魅力ずら?」
「その通りです。だいたい、果南・・・が花でないのなら、わたくしたちの誰も花ではありませんわ」
みたいな。

やっぱりうちの内浦だとダイヤさまが一番敬称禁止に苦戦してる気がする。
本人は特例敷かれてるのにね。

0 件のコメント :

コメントを投稿