花丸さんと黒澤姉妹。

花丸さんと黒澤姉妹。


花丸さんが黒澤姉妹にとっての姉と妹としての理想像という話。


黒澤姉妹の関係は、やや複雑だととらえている。

あ、アニメの話はしてないのでそのつもりでひとつ。


アニメ化以前の記事で、ルビィを人質にとられただの言っていたことだとか。

ルビィのヘマに対して、厳しい言葉をかけつつもアイスを分けてやる、高度に訓練されたツンデレの発露だとか。

ダイヤ様に対する演技のお時間の回答で見せた、ルビィへの届かない想いだとか。


お互いがお互いにコンプレックスを抱いている、とでも言えばいいのかな。

とても良いものだと思う。


ルビィの中には、姉に叱られることへの恐怖の一方で、姉のようになりたいという憧れがある。

きっとダイヤ様の中にも、叱ったり、苛立ったりしてしまう一方で、束縛とは比較的無縁で奔放な、妹への憧れがある。

そしてもちろん、家族としての情もある。

これは、相反する感情の塊という意味での、正しいコンプレックスだ。


そしてここに、花丸さんが登場する。


妹としては、素直で聞き分けもよく、比較的要領も良い。

姉としては、控えめで大人しく、自分でも守れるほどにか弱い。


つまり、ルビィとは異なり、素直で聞き分けの良い花丸さんに、理想の妹を見出したり。

ダイヤとは異なり、自分を責めることはなく、守ることで自分は姉と違う無価値な人間である、ということが否定できたり。


おそらく姉妹の、お互いの、姉に対して抱く、妹に対して抱く、負の感情の発散先になっているのでは。

なんてことを思っている。


まあお互いに満たせるのは征服欲だけなんだが。


花丸さんにしても、この姉妹を案じている場面は見受けられる。

AZALEAのドラマパートでは、ダイヤ様へのルビィの弁護が見られた。

また、ダイヤ様に勉強を見てもらっていた記事では、ダイヤ様の優しさをルビィにどうやって伝えるか考えていた。


そんな感じで、今までにも、この不器用な姉妹の仲を取り持つことが、何度もあったのだろう。


0 件のコメント :

コメントを投稿