Aqoursロードマップ 7話

わからん。
わからなくなった。

かなちゃんはどこだ。
(なお当初の予定は投げ捨てて、今後は僕の視聴感想文となります)


というのは冗談(冗談じゃないが)として、なにを狙っているのかよくわからなかった7話。

この後の8話でなにやら負けイベントが控えていそうな気もするし、どこを目指しているのかが見えない。

残り6話という話数を考えたときに、そろそろ話としての終着点が見えてきても良さそうなものだが(おそらく裏切られるとしても)、それがなくて困る。

…といいつつも、無印の一期ではようやく9人揃ったところなので、1話の時点から一人少なかったことを考えれば、まだ9話で揃うことを期待できる、のかも知れない。

逆に考えると、ここから少なくとも必ず発生する(しなかったらどうしよう?)イベントとして、Aqoursが9人になることが挙げられる。

そのためには、この東京行きが必要だったと考えることはできないだろうか。

3年生組との関係が、現状は膠着してしまっていることから、その辺りをわかりやすく動かすための手段が、この東京行きだった、みたいな。

うーん。わからん。
なんかしら、物語としての必然があるのだろうとは思うのだが。
体力の果南と芸事のダイヤによる特訓イベントとか?

なさそう。


また、わからないなりにラブライブ!の発表という重大なイベントが挟まれたことも忘れてはいけない。

残りの話数で大会をすべて消化できるとは思えない。
(トラブルによる棄権みたいな裏技はもうしないと思うし)
が、Aqours結成! いよいよラブライブ!だ!


2期に続く!


みたいにするには話数が少し多いようにも思える。

うーん。
わからん。

とりあえずさっき、神田明神にお祈りはすませた。

やることはやったから、おとなしく続きを楽しみに待つこととする。


0 件のコメント :

コメントを投稿