わっしょいときめきオーライしてきた話の中身

そういえば交通手段しか書いていなかったので顛末とか書いてみる。

ブログの更新をサボっている間、Aqoursお渡し会に順当に落選したり全体イベントに当選したりしてた。
ANIMAX MUSIXに行ったり、JOYSOUNDのラブライブ!コラボに誘われて行ったり。

で、ラブライブ!コラボで行ったカラオケで、静岡行ってきたやでーという話になり、いろいろと写真を見せてもらう。
そういえば、行きたいなーと思いつつ、なかなか腰が上がらず行けてなかったのを思い出した。

そんな矢先、完全フリーな週末がやってきた。
ので、当日に静岡の友人が忘年会をするという話も聞いていたので、それにかこつけて行ってみることにした。

相変わらず行き当たりばったりな感じだが、もう僕自身も諦めがついてきた。
というか、行き当たりばったりでも死なないためのコツを掴み始めている気がする。



さておき、本題に入る。
いつもの調子で書いているといつまでも終わらないので、行った場所と出来事を羅列して行く。


■芹沢光治良記念館
・国木田花丸さんの尊敬する作家である、芹沢光治良の記念館。
・戦前に発行した作品やら、年表やら、なにやらいろいろと展示してある。
・入館料は100円とお安い。5000円出して迷惑をおかけしてしまった・・・。

■津島神社
・なんか地図で見かけたので立ち寄った。普通の住宅街の道端にある、小さな社だった。
・特に面白いことはなかった。

■内浦地区センター
・内浦の方に向かう時にふらっと見えて、ふらっと立ち寄った施設。
・特に面白いことはなかった・・・
・トイレが使えるのでそこは助かった。

■トンネル
・なんかトンネル抜けたらヲタクの一団が記念撮影してて怖いと思った。
・どうやらPVでバスが通っているらしい。
・トンネル抜けるのに必死でそれどころじゃなかった。

■サンシャインの記事がべたべた貼ってある施設
・うわ・・・とかこわ・・・とか言いながら見て回る。
・なんかG'sが4月号からぜんぶ置いてあった。こわい。
・なんとなくその辺にいたヲタクとなんとなく話す。ルビィ推しらしい。宗教戦争になるから深くは触れないでおいた。
・話してたらさらに後ろから現地のおっちゃんっぽいのに話しかけられる。
・結局これはなんなのかを知りたがっていた。PV見たとか言ってた。
・今の段階では単なる映像付きの楽曲ですわと話す。これからアニメとかなるかもしれないし、ならないかもしれない、みたいな。
・この辺でお昼食べるならどこっすかねーとか振ってみて、後述の『とさわや』を教えてもらった。

■淡島の脇
・結局今回は淡島には行けなかった。
・駐輪場の場所など、今後のためにいろいろと見て回るのみ。

■安田屋旅館
・千歌っちの家(候補)と名高い旅館。普通に大通りに面しているので普通に見つかる。
・一見さんお断りの香りがすごい。
・食事とかできるのかなと思って調べてみたけど少なくとも一人で立ち寄れる施設ではない感じ。
・食事に立ち寄るというよりは、日帰りプランみたいなものになるようだ。二人からの。

■安田屋旅館の向かいの海岸
・海岸沿いに、Aqoursの練習場所? だかがあるとかなんとか。
・よくわからないので景色を撮影しておく。
・でも海の向うに鷲頭山やら淡島やら富士山がセットで見える景色はファッキンジャップの端くれとして気分が高揚した。

■とさわや
・特にサンシャインとは関係ないが、ここでご飯食べた。
・安田屋旅館の近く。ここはわりと入りやすい。
・おさかなおいしい。
・地元の人達はふっつーにかつ丼とか頼んでて面白かった。
・Aqoursのメンバーたちも、外で魚を食べると『家でも食べられるのに魚・・・?』みたいな気分になるのだろうか?

■長井崎中学校
・なんというか、山の上だった。
・登ってみたけどみかん畑とみかん農家と中学校しかない。ほんとに。
・学校の周りを目的もなく歩いてるとか犯罪の匂いしかしないが、特に咎められることもなく散策できた。
・校庭やら、プールやらは外側からでもよく見える。いいんだろうか。
・でもプールはPVの例のシーンそのまんまで、うわーってなった。
・日曜日だったけど、部活で結構にぎやかだった。
・学校の敷地内を走ってた生徒の一団に高らかに挨拶されて、目礼しか返せないクソヲタクぶりを発揮してしまった。
・道路は学校の周りをぐるっと一周、綺麗に舗装されていた。

■中学校前のバス停の前の道
・たぶんルビィが落ちそうになってた場所。
・落ちたらやばいという話を聞いてたけどそんな高さでもなかった。
・頭から落ちるとやばい気はする。
・飛び降りてみたけど特に問題はなかった。下が砂利で滑りそうになったけど。

■農協の販売施設
・トイレ借りるのに寄った。せっかくなのでおみやげもちょっと買った。
・コンビニはあまりないので、トイレのタイミングが重要となる気がしている。
・特に中学校の周りはなにもないので、粗相をするヲタクが出てくるのではないかと不安でならない。
・いや、どうしようもないときってのは確かにあるのだけど。

■海
・自転車の強みを一番感じたのは、道端の何気ない風景を見るために立ち止まれるときである。
・海は黒だったり緑だったりで、白い砂浜に綺麗な海、という感じではないんだけど、海はすごい透明だった。
・周りの森とか、黒い砂浜とかの色が透けてるせいで見通しづらいけどすごいきれいだった。
 

0 件のコメント :

コメントを投稿