国木田花丸さんの話題を考える。

話題が尽きた。
会話が続かない、話題が出てこないという会話ベタ系コミュ障たる所以である。
振られれば話せるんだけど今のところ可愛い以上の考えが出てこない。
仕方ないので以前に妄想した内容とかをとっかかりにしてみよう。

・ダイヤさんが花丸さんの言葉遣いに突っ込む話。
発売前に予言じみたことしておくぜふふーんとか思って見事に外した話なのだけど。
花丸さんは「オラ」と「マル」を特に意識なく併用していると思っていたから、それを矯正したいと考えるメンバーがいてもおかしくない、という考えで書いていた。
だが表向きには、「オラ」は思わず出てきてしまうもので、メンバーは「可愛いからそのままでいい」と言っている。
でも、「他のみんなはそうでもないから恥ずかしい」ので、なるべく一人称を「マル」にしようとしている・・・という設定(キャラクターとしてか、キャラ作りとしてかはわからないが)のようだ。

だが緊張しての第一声が「オラ」になってしまうあたり、訛りの根は深いと思われる。
(あるいは狙ってやっているという可能性もかなり捨てがたくはある)

みんな、というのに8人全員は含まれていない可能性もあるが、ひとまず他の8人ということにして、Aqoursのメンバーは訛りに対しておおらかだということにしておこう。
・・・一応、それによって「ずら」が放置されている理由も説明できる。


それはそれとして、ダイヤさんがルビィさんへの愛情をこじらせたせいで、ルビィさん以上に、というか本人以上に花丸さんのことに詳しくなっていると楽しいなと思うのだがどうだろうか。


それにしても内浦や沼津に行ってみたい。
どんなところなんだろう。

絶対期待してる方向を間違えているが。
まあいい。

0 件のコメント :

コメントを投稿