Aqoursセンター選挙結果発表!

なにはともあれ、花丸さんはじめAqoursのメンバー、制作スタッフ、参加者の諸氏におかれては、お疲れ様というほかない。
早速、選挙の結果が反映された記事が、今月末発売のG'sマガジン12月号に掲載されるらしい。
今から楽しみで仕方ない。

それと同時に、トリオユニットの始動も発表されている。
さて、どうなることやら。
僕の嗜好は万人向けではないので絶対に反映されないから楽しみに待つばかりだ。


それにしても、花丸さんが中央に鎮座するランキングはなかなか見ていて気分が良い。
4位のときの、さりげない主張ぶりもよかったが、こちらの方が花丸さんらしいと感じる。
おそらく、入れ替わったヨハネに対しても、自分が上に行くのは申し訳なかったから、と喜んでいるのではないだろうか。
いまは妄想はほどほどにして、本誌の記事での反応を楽しみに待つべきか。


さて、一方で、三年生の不人気ぶりはどうしたものか。
と、考えつつも、どうせこの先、チョロいヲタクたちにかかっては、いくらでも手のひらをくるくるすることになるのだろうし、あまり気にしないのがよさそうだ。

性的な果南さんも、リコサクラウチの体を張った温泉営業の前にはなすすべもなかったようだ。
彼女はセックスアピールというよりは、エリーとのやりとりをはじめ、千歌との幼馴染み的なエピソードが望まれているのではなかろうか。
でもどこまでいっても名脇役以上にはなれない気もする。

こまりん…マリーは自己紹介で発揮した名言製造機ぶりでこれからも活躍してくれると思う。
現実見えてますーって装いつつ、アイドルにどハマりしてるあたり、あれでかなりのロマンチストっぽさが伺える。
クリスマスとかバレンタインとか、そういう嬉し恥ずかしなイベントごとに絡むと強そうな気もする。

姉澤さんは、Aqoursに入るきっかけになった勝負の話とかの伏線が明らかにならないとなんとも…。
ところで、金輪際には、二度としないってニュアンスがあるかと思ってたのだが、そんなことはなかった。過去になんかやってたってのは思い過ごしだな。
姉澤さんに関しては、いまはプライドの高いのとルビィの主観による悪評が先に来てしまっているので苦しい状況だ。
が、プールサイドから飛び降りて、ダンスを教える感じのシーンがPVにあったし、ルビィにアイスを分け与えていた記事でのやりとりを見るに、相当訓練されたツンデレというか、あれで結構な世話焼きの感じがする。
Sidのような、独白多めのコンテンツが出ると化けるのではなかろうか。


とまあ、こんな感じで花丸さん以外の人がどうなるかは色々と予想できるのだが。
当たる気はしないけど。

だが、花丸さんは現時点で僕の中での揺るぐことないトップなので言うべきことが見つからない。
困った。

0 件のコメント :

コメントを投稿