アンジュヴィエルジュ序盤の動き方。

アンジュ・ヴィエルジュを始めてる。
最初はさっぱりよくわからなかったのだが、いろいろと調べてみているうちになんかわかってきた。気がする。
というわけで、その辺をまとめてみたい。

・序盤の動き方。
1.最初に7日間放置する。
初っ端から何言ってんだこいつってな感じだが。
これをやると、カムバックボーナスの対象になる。
けっこう気前のいいボーナスをもらえるので、やっておくといい。
僕は意図せずにしばらく放置していた。
運が良かったらしい。

2.強いカードを2,3枚育てていく。
最終的にメインとしたいカードを選ぶ。
多分、チュートリアルをこなしたあたりで何枚か、HR以上のカードがあるはずなので、それを育てていくのが当面の目標となる。
だが、ただ単に育てる・・・と言っても、結構先は長い。
よって、ある程度は効率的に育てることを考えるべきである。
 
そのため、次のことを考える。

3.NとHNは重ねてから餌にする。
NとHNは、ダブると覚醒して、1枚にまとまる。
この時、経験値的には損をする・・・と思うかもしれないが、実際は2枚別々に使うよりも得られる経験値は多くなる。
その割合は30%と、結構大きい。
しかもこのボーナスは、重なるたびに複利で増えていく。
カードは最大で4枚までダブらせることができるので、最終的に3倍近いボーナスとなる。
よって、ボーナスがないときは5枚でしかなかったのに、覚醒させることで14枚ほどのカードを特訓させたのと同じ経験値が得られる。
ただ、5枚もの同じカードを入手することは稀だ。
しかも1回揃えば終わりではなく、継続的に揃うことを目指さなければならない。
 
よって、さらに次のことを目指す。

4.部室を広くする。
プログレス所属枠を増やしていくことで、単純に重なるカードの枚数と確率を上げる。
力技だがそれしかない。
プログレス所属枠は購入することも増やせるが、覚醒させて図鑑を埋めることでも増やすことができる。
これを狙うことで、じわじわとだが、枠を広げることは可能だ。
まあ、手段と目的がループしてる感はあるが・・・
 
というのも、次に目指すべきことのせいだ。

5.覚醒させて図鑑を埋める。
覚醒させるには、以下の条件を満たす必要がある。
・対象のプログレスが一定のレベルであること。NとHNは、5レベルが必要。
・プログレスごとに設定されたギフトを持っていること。
というわけで、効率の良い育成をするためには、最初は効率には目をつむってある程度育成する必要があるわけだ。
2枚重なる(つまり3枚入手する)と、5レベルになるのでそれを期待してもいいかもしれない。
 
それと、最後にこれもやっておくといいだろう。

6.寮を購入する。
寮は100GGで30日間レンタルできる、所属枠のプールである。
30日を過ぎると、引き出すことしかできなくなる。
期限内に買い増すと、さらに枠を増やしつつ、既存の枠の期限も延長される。
うまい戦略だな、と思いつつも、実際有用なことは間違いない。
おそらく、既存クエストをこなすことによってある程度はGGを取得できるはずである。
30日もあれば、100GGを取得することくらいはできるはずだ。
これにより、カードを無駄にすることなく図鑑を埋めることができる。
どうせ300GG貯めてゴールドを引いたところで、新規Rが一枚増えるだけだ。
戦力の増強どころか、枠の圧迫でしかない。
それならばいずれ楽になることを目指して、図鑑埋めに勤しむのが良いと思う。
もちろん、そういうのが嫌いな人もいるだろうけども。

スーパーいいね!ボタン