海ノ中道の話。2

福岡で謎を解く話の続き。
イベントの内容はあまり言い過ぎるとネタばれになっちゃうので、ほどほどに、かいつまんで。
ざっくり流れだけを説明すると、


1.受付。暇つぶしのための紙が配られる。
僕「一つ目は簡単なんですよ・・・一つ目は・・・」
友人氏「二つ目は・・・?」
僕「ノーヒントで本筋に関係ない何かが隠されてます」
友人氏「Oh」
僕「あいつはそういう男です」
友人氏「Wow」

2.移動。イルカショーを行う場所へ。
僕「最前行きましょう」
友人氏「ヲタク怖い」

3.寒さに耐える。
僕「なんか敷いてますね。あったかくなるやつかな」
友人氏「めっちゃ冷たいですけど」
僕「あ、座ってると暖かさ感じますね」
施設「暖かい飲み物販売してます」
 
4.前説。
僕「うおおおおおおおおおおおお」
友人氏「声ヲタ怖い・・・」

5.謎解き。
歩きまわるべきところで考えこむというミスを2回ほどやらかしたため、時間がなくなるl.
答えはプレイヤー知識でわかったのだが、いまいち腑に落ちない結果に。

 6.後説。
GM「クリアした方、その場にご起立ください」
友人氏「立ちたくない・・・」
僕「それな」

7.解散。
友人氏とちょっと居酒屋に行ったりして、解散。
その翌日は朝から空港に行き、関東に戻り。
まったりと過ごした。

ただ、なんかいろいろと体を冷やしたのが祟ったのか、風邪を引いて倒れていた。

出社はしたけどな!(仕事できたとは言ってない




で、おみやげ。
特に録音については禁止されるようなことは言われなかったんだよ!
ほんとだよ。
あと、マジでこれは広めるべき演技だと思うんだ。

久保ユリカ、まだまだ知られざる性能を秘めてるよ。 

おみやげ。

スーパーいいね!ボタン