豊洲PIT アンジュ・ヴィエルジュ 公開アフレコ

アフレコというかアテレコというか。
セガネットワークスの感謝祭ということで、アンジュ・ヴィエルジュのイベントがあった。

場所は豊洲 POWER INTO TOHOKU、略して豊洲PIT。

何が東北なのかと思ったが、収益の一部を東北に送るとか、そういうことらしい。(あんまりわかってない)
場所は、豊洲から徒歩15分弱、新豊洲から徒歩3分。
ゆりかもめに乗るのをけちりたい庶民からは少々遠く感じるが、歩くのに支障はない距離だ。
ゆりかもめの路線が伸びる方向に歩くわけだが、こちらの方向へ向かうのは、初めてで新鮮・・・初めてではないな。
この間のコミケで暇つぶしに歩いたな。深夜。

到着すると、すでに人だかりができており、屋台トラックが数台と、
それに群がる人、
そこから調達したらしい食事をとる人、
抽選会の列に並ぶ人、
とまあ、多くの人たちが思い思いにイベントに参加していた。

最終的に外の道路にまで膨らんでいた。

列。


そして、そんな人たちに、ひたすらに吹き付ける風。

ひたすらに寒かった。

腹は減っていたものの、寒すぎるのでひとまず会場の中に避難する。
よくある感じのリストバンドを付けられ、中に。

とても暖かかった。

時間は13時ちょっと前で、アンジュのイベントが始まる30分前といったところだ。
チェンクロのイベントが行われていた。
クイズで名誉を奪い合うらしい。

中略。ほどほどに面白かった。

そして10分押しくらいで次のイベント、久保さん出演のアンジュ・ヴィエルジュ公開アフレコだ。
司会と中の偉い人、他の演者の方々がまずは登壇する。
アンジュというコンテンツは僕はとんとわからないのだが、もともとのカードゲームがあり、ソシャゲが去年の12月にできて。
そして今回のイベントが一周年記念なのだそうだ。

いくら出演者が好きだと言っても知らないコンテンツのイベントには出席するもんじゃないなと思った。
もっとコンテンツのことを調べておけばよかったと思った、というべきかもしれないが。

いかんせん、僕のガラケー+超低コスト超々低スペックスマホ+iPod touch環境ではアンジュができない。
そもそもガラケーだったり、スペックというか容量的に無理だったり、非対応だったりで。
久保さんの声を聴くことができない。
どうにもAndroid発のゲームだと、認証が電話ありきになるからなのか、iPod touchは非対応なことが多いように思う。

さておこう。

そうこうするうちに、久保さんが登壇。
ゲーム中の第二風紀委員の制服を着ておられた。
あと薄手の黒タイツ。厚手の黒ストッキングかもしれないが。

ゲーム中では久保さんのキャラ、ファムは制服ではなく、私服?だ。
まあ、久保さんのためだけに衣装を作るのは難しかろう。
コスト的な意味で。

順番は忘れたが、キャラ紹介、アフレコ、本日限定イベントの紹介、人気投票上位入賞陣の新規イラスト紹介をしていた。

ゲームの方はよくわからないので他のソシャゲとの比較や類推だけになってしまうが、楽しそうな運営だと感じる。

一周年記念だというのにチェンクロ(多分)に興じている仲間に切れた主人公がロボに乗って襲ってくるとか。

イベント自体はある程度テンプレがあり、ボスと報酬とプロローグ・エピローグを用立てるだけではあろうが。
わざわざ一日だけのイベントを用意するのはなかなかできることではない。
せいぜいが記念のカードをログインボーナスで配布する程度だろう。
こういうのはハードルが上がってしまうので、やりづらいだろうとは思うが。
ネタに全力な姿勢は非常に評価したい。
遊べないんだけど。


アフレコのコーナーではなにやらファムは全ページに出動していたらしい。

実際、すべてのシーンに登場していた。

というか彼女の視点で話が進んでいた。

人気投票上位なだけあって、これから久保で稼いでいくという気概が感じられるようだった。

久保さんはと言えば、細かくちょこちょことフリを付けておられたのが印象深い。

走ったり、手を軽く上げたり、振ったり。

キャラが無表情というかクーデレ系統なこともあり、そのまま演技すると仏頂面になってしまうから、その対策だろうか?などと推察している。

気になるから胃痛に質問を出そうと思う。

まさか普段の現場からあんな感じだったり・・・したらすでにさんざんネタにされているだろうから、ないとは思うが。

久保さんのキャラにしては、叫ぶことがないな、とも思った。

あのキャラで叫ばれても困るのだが。


新衣装についても非常に可愛く、多少やって久保ボイスを楽しむくらいはしたい・・・

のだが。

できない。

かなしい。

スーパーいいね!ボタン