何とは言わないが、ニコラの話だ。

ニコラの話。

ニコラのオーディションは、一年に一度行われている。
例外もあるが、通常は10月にグランプリが発表される。

そして、第6回オーディションは2002年に行われた。
つまり、2002年10月号を買えば、第6回グランプリを受賞した人たちの当時の姿を確認できる。
応募した時点で、すでに現在の身長とほぼ変わらない体格だったようだ。
そして翌月のプロフィールでは、現在の身長と同じになっている。
だいぶ成長期だったんだろう。

デビューという意味では、翌月の11月号がそれにあたる。
ニコモを対象にした例のインタビューでも触れていたが、まだポーズが取れないのでフェイスアップの企画をした・・・と。

その時点ですでに過剰な表現力を発揮しているのが確認できる。
ニコラには編集後記のようなページがあり、現場での行動が記録されている。
そしてそれを見ることで、その号のどの企画に誰が参加したかがわかるようになっている。
ただ、書いていないところ、たとえば広告のページなどにしれっと載っていたりするので油断はできない。

その記事を読んでいる限り、現在の姿からはあまり想像できない一面が窺い知れる。
例のインタビューで、性格が変わった・・・と書かれていたが、その前の姿ということだろう。
ただ、根本的な明るさは変わっていないというか、普段抑圧するようになったせいで、逆に垣間見えるときの明るさが増したのではなかろうか。
とか思う。

この年代のニコラはネットの古本屋を漁ると見つけることができる。
活動時期がガッキーの全盛期ともろ被りしているせいで、2000~5000円くらいするのだが・・・。

スーパーいいね!ボタン