胃痛ラジオ、とか

久保ユリカが一人喋りなんて胃が痛い。

最近はすっかりこなれてきているのが頼もしくもあり、さみしくもあり・・・

とりあえず、思いついたネタを投稿する日々です。

最初の方で読まれたんですけど、最近はめっきりですね。

神田明神で呪われた人です。


久保さんが、投稿メールをすべて読んでいるとは思えませんので、まあ、採用されていないメールは、読まれてないんだろうな、と思いつつ。

ただ、読まれないとしても、久保さんの周りの誰かは目を通すかなにかをして、不採用を決定するはずで。

それが仮に構成作家のちゃんこさんだとして、今僕は胃痛ラジオのメール採用にあたって越えなければならない壁のことをして「ウォールちゃんこ」と呼んでいるのですけれども。


それはさておき、その読んでいる誰かを通じて、久保さんになんらかの影響が出ていることを信じているんです。

こういう馬鹿なメールがあった、と感じて明るい気持ちになってくれて、それが少しでも久保さんの元気に貢献できた。

それを信じることができれば。

僕は胃痛ラジオに投稿を続けられる。


世界は繋がっている。


そういう話。
 
そのことを、僕はダンガンロンパ2で学びました。

それを忘れてしまったら、ななみんに顔向けできませんので。

スーパーいいね!ボタン