のぞえりの馴れ初め。2

本題に入る前に続くのは予想外だった。
前回整理した各種世界観。
初期設定、Sid版、漫画版、アニメ版、スクフェス版、人間界、同人界隈。
このうち、今回は初期設定とSid版に絞って考えてみたい。
理由としては言うまでもないとは思うが、漫画版は誰だお前状態でアニメ版は僕が不満を抱いたあの展開で確定しているし、後は公式ではない。
そもそも、のぞえりの馴れ初めを見たいと思っていたのが、初期設定やSidでの話だ。
設定上は大差ないので、簡単のために、以降はSidも含めて初期設定とする。
(絵里の弟・妹の違いについてはここでは無視する)
というわけで、初期設定。
過去に出ているのは、以下のような情報だ。
もちろん、アニメ版と共通する部分も多い。
■希
・親が転勤族。
・高校入学をきっかけに一人暮らしを始める。
・音ノ木坂が絶好のパワースポットだったために、入学を決める。
・占いは、新しい学校で友達を作るための処世術。
・訛りは、幼少にあっちこっちに転校を繰り返したためについたもの。
・コミュスキルは高い。
・変なものが見える。最近は見えない。
・絵里を生徒会にぶち込んだ張本人。
□絵里
・ロシア人の祖母を持つクォーター。
・もともと真面目な方ではないと自己分析している。
・生徒会長になったのも、頼み込まれて仕方なく。
・音ノ木坂育ちであり、同じく地元育ちのことほのうみりんぱなとは面識がある。
・・・あ、ダメだ絵里に興味がなくてあまり初期設定準拠の情報を覚えていない。
ていうか真姫も一応音ノ木坂育ちのはずだよね。面識ないのか。
よその私立に通っていたからそんなに地元との交流がないのか。
だからこそ、父親に進められて地元の高校にしたのか。
さておき。
ちょっと絵里についても真面目に調べないとダメそうなことがわかった。

スーパーいいね!ボタン