ソフトウェアの見積もり。

見積の本を読んでいたりもします。

ポイントの一つとして掲げられた項目に、「即興の見積もりをしない」というのがありました。

やっぱり、事前によく考えていたわけでもない話題について、即座に見積もりを出すのは間違っているわけですね・・・。

逆に言うと、そういう話題が予想されるものについて予め見積もりをしておくというのは有効なのかもしれませんね。

スーパーいいね!ボタン